ホーム香川経済&企業ニュース更新情報経済ニュース観音寺信用金庫が詫間支店を新築移転

香川経済&企業ニュース更新情報

観音寺信用金庫が詫間支店を新築移転

 来年3月創立100周年を迎える観音寺信用金庫(観音寺市 須田雅夫理事長)は6月24日、詫間支店を新築移転。オープニングセレモニーを開いた。
 新店舗所在地は三豊市詫間町詫間680-24。旧店舗の北約200メートルで、町内の主要幹線となった県道231号線詫間仁尾線沿いに位置する。
 敷地面積は約400坪。店舗は鉄骨造2階建てで延床面積約117坪。
 設計・監理は曽根建築設計事務所、施工は富士建設が担当。
 セレモニーには三豊市の山下昭史市長、三豊商工会 新延 修会長ら来賓も出席した。
 ATM2台、オープン出納機を完備。なお詫間支店の移転にともない、松崎出張所のATMコーナーは閉鎖した。


一覧に戻る