ホームTHE KAGAWA TODAY

THE KAGAWA TODAY

瀬戸内国際芸術祭2019開幕

瀬戸内海の島々を舞台にした現代アートの祭典、「瀬戸内国際芸術祭2019」が4月26日に開幕。
サンポート高松大型テント広場にて開会式が開催された。
春・夏・秋の3つの会期があり、12の島と高松港・宇野港周辺が会場。32の国と地域から225組のアーティストが参加し、213の作品を展示する予定。
同芸術祭の春会期は、5月26日まで。



高松空港が台湾桃園国際空港と連携

高松空港は4月2日、台湾桃園国際空港の運営会社と交流人口の拡大などを目的に提携した。国内の空港では、成田、関西に次ぐ3番目の提携となる。台湾から四国を訪れる観光客の増加を図るため、両社で四国や瀬戸内のプロモーション活動を展開していく。



香川銀行新本店ビルの様子

香川銀行新本店ビルの様子。

同行本店ビルは、昭和44年の新築から約47年が経過し、老朽化も進んでいることから、安全性確保や業務継続体制強化の観点から、耐震および防災機能の向上を図っていく。
スケジュール(予定)
平成31年10月 新本店ビル竣工、本部機能及び本店営業部営業開始
設計・監理会社は㈱三菱地所設計(東京都) 。