ホーム刊行履歴

刊行履歴

5月25日号

 トモニホールディングス㈱(高松市 遠山誠司社長)は平成29年3月期連結業績および中核企業3行の単体業績、役員人事を発表した。
 連結業績は経常収益714億94百万円(前期比105億32百万円増)、経常費用551億67百万円(同72億76百万円増)、経常利益163億26百万円(同32億56百万円増)、当期純利益258億10百万円(同178億79百万円増)。大正銀行との経営統合に伴い資金運用収益が増加したほか、国債等債券売却益及び株式等売却益が増加し大幅増収。
 主要勘定残高は、総資産3兆6206億円(前期末比5406億円増)、純資産2118億円(同280億円増)、預金等3兆2626億円(同5054億円増)、貸出金2兆5250億円(同5025億円増)、有価証券7864億円(同248億円減)、自己資本比率は九・二四%(▲〇・七五%)。
 平成30年3月期連結業績は、経常利益110億円、当期純利益70億円を予想。
 3行の単体業績は次の通り。


5月15日号

 太陽光発電システムや蓄電池など、再生可能エネルギーの販売事業等を手掛けるエナジーサプライ㈱(高松市常磐町1-3-1 瓦町FLAG九階 尾崎充洋社長)は、新たなるステージとして電力の小売・卸事業に乗り出す。
 これに伴い、関連会社として岡山市に岡山電力㈱、高松市にせと電力㈱(いずれも社長同右)を設立。各地域の電力の地産地消を目指し、〝安全・安心・安価〟な電力を供給することで、インフラを軸として地域の活性化を図っていく。
 電力を供給するのは香川、岡山の全エリア。昨年の電力自由化を受けて新電力会社として新規参入したもので、三年後に予定されている発送電分離の実施も睨みながら、まずは各地域でのシェアを高めていきたい考えだ。
 両社は各地の電力会社が発電した電力を「日本卸電力取引所」を通じて買い取り、従来の送配電線を経由して、両社と契約する事業所や一般家庭に送られる仕組み。消費者は簡単な事務手続きのみで切り替えることができるもので、「電気の品質は従来の電力会社と全く変わらず、むしろ最大で15%(大型施設や法人の高圧・特別高圧プランの場合)ほど安価に供給できる」(尾崎社長)ことを最大の特徴とする。地域に特化することで、「広告費や設備費等の諸経費を大幅に削減できる」ため、安価な販売に繋がるという。


4月25日号

 (社福)瑞祥会(東かがわ市湊 樫村英一郎理事長)がこのほど、同法人3件目となる大型高齢者複合施設「花らんまん」を高松市浜ノ町に新築することが分かった。
 同施設は「サービス付高齢者向け住宅」(特定施設)を中核に、一般の人々が気軽に利用できるカフェなども併設する。開設準備を担当する同法人障害者支援施設「サン未来」(高松市新田町)の近藤厚志施設長は、「地域の方々が複合施設として多目的に出入り出来るサービス付き高齢者向け施設は全国でも稀」としており、浜ノ町全体の地域の賑わい創出にも貢献していくねらいだ。
 建設予定地は、高松市浜ノ町の市民プールの道路を挟んだ南側に位置する、大型マンションがあった旧労住協第7、19ビル跡地。現在は更地。6月中旬に着工し、来年3月の完成を目指す。
 新施設は、鉄骨造の6階建て。敷地面積は約6800㎡。駐車場は約70台分を設ける。すぐ北側には瀬戸内海が一望できる景観抜群のロケーションとなっている。


4月15日号

  四国創生に向けていよいよ本格的に動き出す。
 百十四銀行(高松市 綾田裕次郎頭取)、阿波銀行(徳島市 長岡 奨頭取)、伊予銀行(松山市 大塚岩男頭取)、四国銀行(高知市 山元文明頭取)が昨年11月に結んだ包括提携「四国アライアンス」の具体的な取組みが発表された。
 〝興す〟〝活かす〟〝繋げる〝育む〟〝協働する〟という5つのテーマを掲げ、4行が独立経営のもと、健全な競争関係を維持しつつ、各行の強みやノウハウを結集して四国創生を牽引していく。


4月5日号

 (一社)香川経済同友会(下村正治・竹内麗子両代表幹事)は3月29日、高松市内で代表幹事候補の内定記者会見を開き、下村代表幹事に替わり、四国興業㈱(高松市丸亀町)の矢野年紀社長が就任する役員人事を発表した。
 6月1日、JRホテルクレメント高松(高松市浜ノ町)を会場に開かれる通常総会・理事会で正式決定する。新代表幹事の任期は2年間。下村代表幹事は退任し、特別幹事に就く。
 矢野氏は、高松市出身の65歳。昭和49年3月に高知大学文理学部を卒業後、百十四銀行に入行し、これまで宇多津支店長、高松支店長、審査部長、取締役専務執行役員などを歴任。平成27年6月、四国興業社長として就任した。
 同年7月から香川経済同友会に入会し、情報化委員会に所属。四国ビルヂング協会の会長も務めている。
 6月の正式決定後は竹内代表幹事と力を合わせながら指揮をとり、同会を盛り立てていく。
 通常総会後の役員名簿(予定・同日現在)は次のとおり。