ホーム刊行履歴

刊行履歴

4月15日号

 超人気うどん店を展開する㈱たも屋(高松市 黒川 眞弓社長)は、県内5店舗目となる「たも屋三条店を4月5日にオープンした。
 運営は同社直営となる。
 場所は、高松市三条町三一六蝟一。大型ショッピングモールや商業施設が近隣にあることや、旧ファミリーマート三条店跡地であることから、気軽に立ち寄りやすく、新規顧客の来店も目立っているなど、好調なスタートを切った。
 同店では、麺の温めはスタッフが行っており、他店とはひと味違う「たも屋」の味を提供していくスタイルへと変更。
 ロの字型の構造を最大限に活用し、料理の受け取りから食後の食器の返却までスムーズに行えるよう顧客の利便性にも考慮している。
 他店舗との差別化を図りつつも、天ぷらやおにぎりなどのサイドメニューに加え、豊富な薬味(ネギ、ショウガ、天かす、ごま等)など、たも屋独自のサービスは健在だ。


4月5日号

 一般社団法人香川経済同友会は令和2年度の新役員候補者を発表。5月25日開催の通常総会において正式に選任されて正式に稼働する。
 新代表幹事候補には㈱オリコ社長の間島賢治氏が選任された。合田耕三氏(㈱合田不動産社長)とともに代表幹事として同友会運営に携わる。
 間島氏は同友会へ平成16年に入会後、平成17年常任幹事、19年副代表幹事、20年遍路文化調査特別委員会委員長、令和元年観光振興委員会委員長を歴任した。
 副代表幹事には11名が選任。新任候補として香川トヨタ自動車㈱社長の灘波順一氏が選任された。


3月15日号

 四国地域イノベーション創出協議会主催による「2019イノベーション四国顕彰事業表彰式」が2月28日、かがわ国際会議場(高松市サンポート)にて開催された。
 同協議会は、平成23年度から、産業技術の発展に貢献した企業等を表彰する「四国産業技術大賞」に加え、他社の模範となる特筆すべき経営を行っている企業等を表彰する「四国でいちばん大切にしたい会社大賞」の2つの表彰制度を設けている。
 開会にあたり、(一財)四国産業・技術振興センターの守家祥司理事長は「今後とも、四国の企業の模範として企業経営のレベルアップの先導役を担って頂ければ幸い」
 と挨拶を述べた。
 その後、来賓の祝辞にて四国経済産業局の土橋秀義局長による祝辞が上げられた。
 今回表彰された「第24回 四国産業技術大賞」では、12社が入賞し、県内からは勇心酒造㈱(高松市 徳山 孝社長)「医薬部外品 新規効能成分『ライスパワー№6』の開発/産業技術大賞」、㈱川上板金工業所(仲多度郡 川上正城社長)「台風・自然災害に強い屋根材『クローザーシリーズ』の開発/最優秀技術功績賞」、㈲日本健康科学研究センター(東かがわ市 岩倉泰一郎代表)「皮膚に塗布後、約30秒以内に約30 umの透明の耐水性被膜を形成する外用製剤の開発/優秀技術功績賞」の3社が輝いた。


3月5日号

 ホテル川六とエクストールインブランドを展開する㈱川六(宝田圭一社長)は現本館の増改築を計画しており、その工事を3月からスタートする。
 現本館の建物規模は鉄筋(一部鉄骨)コンクリート造地下1階、地上8階(延べ床面積4140㎡)。和室が27室、ツイン10室、ダブル2室の規模。今回、新たに本館北側の片原町商店街に面する5店舗を買収しており(同計1523㎡)一体を更地化する。
 そこに新たに鉄骨造13階建、延べ床面積6205㎡の建物を新築する。
 工事期間は令和4年6月30日までを予定する。設計監理は新生設計㈱、建築工事は東洋建設㈱四国支店が担当する。
 増築する部屋数等は未定ながら、本館で好評の大浴場は引き続き設置する計画。工事中は本館で提供していた朝食サービスを現エルステージ館内にて行う。


2月25日号

 県内から革新的なベンチャー企業の創出を図るため、(公財)かがわ産業支援財団(高松市 大津佳裕理事長)が毎年主催する「かがわビジネスモデル・チャレンジコンペ2019」が2月5日、サンメッセ香川であった。最優秀賞に選ばれたのは、通院・受診負担を軽減するアプリの開発に取り組む㈱Dreamly(高松市 ラーション・ラーシュ代表)。
 9回目となる今年は15件の応募があり、二度の選考会を経て、この日4者が公開プレゼンテーションに臨んだ。審査員は大津理事長、香川ニュービジネス協議会 小野兼資会長、日本政策金融公庫 高松支店 和田めぐみ支店長ら。
 Dreamlyの提案したプランは「ブロックチェーンを活用した医療機関共通診察・予約・呼び出しアプリケーションの開発」。ブロックチェーンを活用することによりデータの消失や改ざんをなくし、高度なサービスを安全に提供することができるもの。
 本プランは㈱みどりデジタルサポート(高松市 三好貴志男社長)がコンサルティングを担う。来年度より㈱みどり医療経営研究所(高松市 白川哲也社長)が企画した複合型医療モール「GIT高松」でアプリの実証実験・検証を行う。その後、アプリの全国展開(一般販売)を予定している。