ホーム香川経済&企業ニュース更新情報

香川経済&企業ニュース更新情報

かがわ県産品コンクール 入賞産品が決定

 香川県は、これまで話題のヒット商品を生み出してきた「かがわ県産品コンクール」にて、平成30年度の入賞産品が決定。9月25日、県庁にて交付式が開催された。
 同コンクールは、県内事業者の香川ならではの商品開発を促進するとともに、全国に展開できる県産品の掘り起こしを行って、各種メディアや県内外のイベント等で広くPRし、販路拡大の支援を行っている。平成15年度から実施しており、今回が16回目の開催となる。
 今年度は、5月1日〜6月30日を募集期間とし、応募数は昨年度と同数で過去最高の123点となった。
 知事賞(最優秀賞)には、食品部門にて㈱グリーンパークまんのう(まんのう町)「まんのうひまわりオイル」、菓子・スイーツ部門は㈱シカ(高松市)「瀬戸のめぐみ」、一般部門には㈲大井建具店(高松市)「組手コースター」が輝いた。
 知事賞以外の入賞賞品は次の通り
 【優秀賞】食品部門 麺処 希信(高松市)「釜揚げ風 海苔らーめん」、菓子・スイーツ部門 さぬき志度 風月堂(さぬき市)「瀬戸のワインロール」、一般部門 ㈲平井石産(坂出市)「サヌカイトドアチャイムホーム」
 【オリーブ植栽110年特別賞】食品部門 ㈱ヒロコデルカフェ(高松市)「オリーブ豚100%使用ハンバーグ with さぬき逸品肉みそソース」、一般部門 香川県家具商工業協同組合(高松市)「ルッカルッカ」


高松中心市街地にリノベーション物件が完成

 京都ハウジング㈱(丸亀市 鈴木一雄社長)』はこのほど、リノベーション物件『リモージュ京都(高松市)』が完成し、テナントを募集中だ。
 場所は高松市鍛冶屋町7-4。
 JR高松駅から徒歩12分、琴電瓦町駅から徒歩9分。郵便局や銀行、コンビニ徒歩圏内と好立地。中央通り沿いということもあり、幅広いニーズに対応できると注目を集めている。
 施設概要は面積30.81㎡~303.43㎡。料金は賃料5,4000円/共益費4,320円〜賃料49万6,800円/共益費10,800円(3〜9F)。
 軽飲食(カフェ・喫茶店など)、美容・健康・介護・小売・物販、アミューズメント、塾・スクールほか幅広い業種に最適。テナントの移転や新たに起業する人にお薦めの物件。
 平成31年3月まで敷金1ヵ月・礼金1ヵ月キャンペーンを開催しており、出店・移転を検討している人は一度、同社に相談してみてはいかがだろうか。
 一方で、同社が展開する賃貸マンション『ルークロエ(綾歌郡宇多津町浜五番丁47-14)』も8月に入居開始。                              
 宇多津駅まで徒歩7分、オートロック、モニター付きインターホンなどセキュリティ面も万全であり、安心で快適な空間づくりが話題を呼び、好調なスタートを切っている。
 賃料は67,000円/共益費5,000円(1LDK)〜10万円/共益費5,000円(3LDK)。
 詳細は0877-24-5400


「画廊ほのほ」にて 起業セミナーが開催

 起業を考えている、起業したばかりの人を対象とした「起業専門学校の説明会+起業セミナー」が9月14日、珈笛画廊ほのほ(高松市 二見尚子代表)にて開催された。
 講師には社会保険労務士・地方起業・集客コンサルタントの清永 仁氏(福岡県)を招き、社労士の経験をビジネスに応用した独自の経営ノウハウの伝授に努める。
 清永氏は地方ならではの強みを活用して、地方起業を成功させる専門家。経営の仕組みやヒトの動かし方を学びながら、延べ500社以上の企業の広告に携わり、集客の方法について学ぶ一方、社会保険労務士として独立。
 現在は、人材育成や地方起業の経験を生かした独自経営を基本として、数々のセミナーをこなしながら地方専門の起業支援コンサルタントとしての活動を行っている。
 講義では起業について、仕事を通じて自分自身や周りが幸せになることが真の成功と解き、利益を上げるだけが目的ではないと解説。
 また、自身の経験を踏まえながら「好きなこと+得意なこと」をすることで事業の継続に繋がることや、新たなアイディアの創出に繋がることを述べる中、多くの参加者が熱心に耳を傾けた。