ホーム香川経済&企業ニュース更新情報

香川経済&企業ニュース更新情報

香川の会社情報2019年版発売

「香川の会社情報2019年版」が発売しました!

地元企業約2700社、県外で先企業約900社の最新会社情報を収録!
香川の会社四季報として圧倒的な支持を頂いており、
マーケティングやリクルートでの活用にも最適です。
定価3,900円(税込み)

詳細は下記にて。
http://www.kk-report.com/localinfo/


資源の大切さ学ぼう! /ライオン通商店街で「ハロウィン大作戦」

 エコ工作のワークショップがメインのイベント「ハロウィン大作戦」が10月20日、高松市のライオン通商店街にある「Smile’s」で開かれ、参加した子どもたちはリサイクル可能な素材を使ってカボチャのバックやマント、ホウキなどをつくってみせた。※写真=参加者の子どもたちを店舗に誘導する菅谷さん
 イベントは、社会人らで構成する「SDGs四国88(槌谷真紀代表)」と、香川大学の学生らでつくるNPO団体「チャリティーサンタ香川支部(菅谷美奈海代表)」の共催。子どもたちに(イベントを通じて)資源の大切さ、地域の未来を考えるキッカケにしてもらおうと今回はじめて企画した。
 この日は各家庭15組の親子らが参加、集まった子どもたちは大はしゃぎ。早速はじまったワークショップでは牛乳パックをベースにしたカボチャのバッグ、古新聞を折ってつくる高さ約1mのとんがりハット、不要になった学生服を切ってつくるマント、竹とビニールを組み合わせてつくるホウキの、ハロウィンにちなんだ4点セットを次々と製作した。
 これら準備が整うと、次は子どもたちが3つのグループに分かれて商店街でパレード。1グループ5店舗をまわる設定で、子どもたちが各店前で「トリックアトリート!」と叫ぶと、店員からカボチャのバッグにお菓子を入れてもらった。同時に「ここは何のお店ですか?」という質問タイムも取り入れ、子どもたちにとって身近な商店街を知るキッカケの一つになっていた。


「こども工務店」とマルシェ、11月3日に同時開催/㈱金丸工務店

 地域の子どもたちに家づくりの楽しさを知ってもらおうと㈱金丸工務店(三豊市豊中町 藤田 薫社長)が11月3日(土・祝)、「こども工務店」と題したイベントを開催する。時間は10時〜15時頃。場所は同社倉庫および「暮らしの森」駐車場近辺。対象は4〜12才ぐらいの子どもで、参加費は五百円。
 当日は同社の協力会社(約30社)の職人らが手分けして家づくりに関する体験コーナーを設ける。塗装や建具、水道、電気、大工など全15業種を用意。子どもらは実際に現場で用いる道具や資材を使いながら職人たちの日頃の仕事を体験できる。作業は各職人らが丁寧に教える。同社は「『将来は家づくりに携わる職人になりたい!』そんな夢につながれば」としている。
 10月20日まで予約受付中。これで一旦締め切るが、当日枠も用意している。当日12時までに受付けブースに行き、申込むこと。※定員に達したり、準備の都合等で参加できない場合あり。

▼ マルシェ「暮らし広場」も同時に

 当日は「こども工務店」と同時に暮らしの森周辺地域(全4会場)で、「たべる・つくる・めぐる」をテーマにしたマルシェ「暮らし広場」(青空クラブ主催、金丸工務店・暮らしの森共催)も開催される。時間は9時〜16時。予約なしの自由参加。
 香川県をはじめ、四国の飲食や雑貨関係のショップが一堂に会する大型イベント。各会場で飲んだり食べたり出来るほか、店舗によってはワークショップも企画している。会場の内訳は「三豊市役所豊中庁舎」「暮らしの森」「いなり運動公園」「UDON HOUSE」の4場所。
 これらイベントに関する問い合わせ等は下記まで。
TEL:0875-62-4070(金丸工務店)