ホーム香川経済&企業ニュース更新情報

香川経済&企業ニュース更新情報

「香川の会社情報2021」好評発売中

香川の会社情報2021年版を発売しました。

地元企業約2600社、県外出先企業約900社の最新会社情報を収録しており、香川の会社四季報として圧倒的なご支持を頂いています。
マーケティングやリクルートでの活用にも最適です。
定価3,900円(税込み)
四国・瀬戸内エリアの有力書店で販売しています。

詳細
http://www.kk-report.com/localinfo/


また、12月からWeb版が新登場します。
スマホ・タブレット・PCからいつでも閲覧可能。詳細検索でさらに便利。
過去のレポート記事も公開いたします。




県外企業が、香川県内でテレワーク向けサテライトオフィス新設で補助金

 香川県商工労働部労働政策課は、県外の本社等で勤務する従業員が、香川県内のサテライトオフィスで勤務することを目的にサテライトオフィスを新設する事業所に、補助金を交付する。
 新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、地方への関心が高まるなか、新しい生活様式による働き方の推進、県内への新規立地や移住等を促す狙い。
 対象は県外に本社のある法人、県外に主たる事業所を有する個人事業主。既存の支店や営業所を改修し、その一部をサテライトオフィスとして開設することも対象となる。
 施設改修費、通信環境整備費、備品購入費、移転費が対象経費として認められる。補助対象経費の2/3以内、上限は200万円。
 応募は令和3年2月26日まで受付。申請順に審査し交付を決定するため、補助金の予算額(1千万円)を上回る申請があった場合、その時点で募集は終了する。
 補助対象期間は交付決定から令和3年3月19日までとなる。
 申請書類は香川県サイトよりダウンロードのこと。https://www.pref.kagawa.lg.jp/content/dir6/dir6_1/dir6_1_1/telework_suishin.shtml
 労働政策課087-832-3365


オイスタローのお薦めは殻付き牡蠣のレンジ蒸し

 本格シーズン入りした瀬戸内の牡蠣。特にさぬき市志度湾産の牡蠣は、濃厚な味わいで人気の逸品。
 コロナ禍にあり、家庭でも志度の牡蠣を楽しんでもらおうと、漁師より直仕入れる鮮度抜群の牡蠣の販売所『牡蠣の店オイスタロー』(さぬき市鴨庄4716-14 石川芳弘店主)が11月1日オープンする。
 殻付き牡蠣1kg(10〜13個)を1,000円で直売。かき飯、かきフライをセットにしたボリューム満点の「牡蠣尽くし弁当」は1,500円。むき身は時価。金額は税別。
 営業時間9時〜18時。弁当は11時より数量限定販売。
 不定休。駐車場10台。
 PayPay、各種カード決済に対応。
 080-6377-5857



ネクスト香川が「情報通信型インキュベート工房」を開設

(公財)かがわ産業支援財団(高松市 大津佳裕理事長)が管理する、香川県新規産業創出支援センター「ネクスト香川」(高松市林町 香川インテリジェントパーク内)は11月1日、IT関連事業の創業者らに向け、『情報通信型インキュベート工房』4室を新たにオープン。現在入居者を募集している。

 インキュベート工房の面積は約15~30㎡で、賃料月額2万円台から(1560円/㎡)。24時間365日施設利用が可能な機械警備システムや、無料インターネットを備えており、PC一台で働くような事業者に恵まれた環境。

入居者第一号は、エムケイディ(同)朝倉貴光代表社員。医療・福祉現場向けのアプリケーション開発を行う朝倉氏は、「セキュリティ対策が万全で、いつでも工房を利用できることが入居の決め手」と話している。



コープ牟礼がリニューアルオープン

 生活協同組合コープかがわ(木村 誠理事長)は、「コープ牟礼(高松市牟礼町九九四 中西行宣店長)」を10月28日にリニューアルオープンした。
 同日、開店前にオープニングセレモニーが行われ、木村理事長はじめ関係者らがテープカットで開店を祝い、開店後も瞬く間に来店客で店内が賑わうなど、好調なスタートを切った。
営業時間は9時30分〜21時。