ホーム香川経済&企業ニュース更新情報経済ニュース賃貸マンションとデイサービスセンター併設の新施設完成/4月1日グランドオープン

香川経済&企業ニュース更新情報

賃貸マンションとデイサービスセンター併設の新施設完成/4月1日グランドオープン

 賃貸マンション「ロイヤルレジデンス・プリモ」と、デイサービスセンター「ロイヤルケア高松 デイサービスセンター・テルメ」を併設した新施設が完成し4月1日、グランドオープンした。
 設計・施工は、総合建設業の小竹興業㈱(高松市福岡町 小竹和夫社長)が担当。運営管理は、グループ会社の㈱シニアライフアシスト(同市同町 同社長)が行う。
 場所は、ラウンドワンスタジアム高松(同市松島町)のすぐ西隣。約一年前から工事を進めていた。建物のオーナーはアオイ興産㈱(同市田村町 稲毛康二社長)で、シニアライフアシストと賃貸借契約を結んでいる。
 新施設は鉄骨造の7階建て。1階から3階までがデイサービスセンター(定員70人、今後最大100人まで増員予定)で、4階から7階が賃貸マンションとなる。
 各フロアの特徴として、まず1階には大浴場が広がり、筋力の維持や向上を図れる歩行浴などを設置。2階は、主に食事ができるデイルームになっていて、栄養バランスを考えたメニューを提供しながら介護食や治療食にも対応する。またカフェコーナーもあり、ここでは焼きたてパンなど朝食献立を提供する。
 3階は、全長80mの室内歩行ができる回廊をつくっているほか、フィットネス機器などを設置。具体的には、身体のバランス感覚を養う「歩行快然トランポリン」(西日本初)や、一度に複数人が筋力を高められるリハビリマシン「ボディスパイダー」(香川県初)を置いている。
 一方の賃貸マンションは、4階に7部屋、5階に7部屋、6階に7部屋、7階に6部屋の、計27部屋を用意。例えばワンルーム(専有面積41㎡、バルコニー面積9.01㎡)なら、家賃8万円の管理費3万円。1LDK(専有面積46.18㎡、バルコニー面積12.29㎡)なら、家賃9万5千円の管理費3万円。いずれもセコムのセキュリティに加え、管理人が24時間体制で対応する。
 また7階にはカフェレストランがあり、栄養価を計算してバランスのとれた食事を提供する。介護食や治療食にも対応し、食事を部屋まで運ぶデリバリーサービスも行う。
 3月29日、新施設でオープンニングセレモニーが開かれ、協力会社など関係者らが出席。あいさつで小竹社長は、感謝の意を述べたうえで「今回の施設を含めた3施設がより一層、地域の皆様のお役に立てる存在になっていければ」と期待を寄せた。
 シニアライフアシストでは、新施設のほか、介護付有料老人ホームの「ロイヤルケア高松(2005年1月オープン)」と、「ロイヤルケア高松 アネックス(2011年2月オープン)」の運営管理も行っている。いずれも場所は高松市福岡町。


一覧に戻る