ホーム香川経済&企業ニュース更新情報経済ニュース高松空港と県外を結ぶ初の定期路線/「高松ー祖谷直行バス」7月1日運行開始へ

香川経済&企業ニュース更新情報

高松空港と県外を結ぶ初の定期路線/「高松ー祖谷直行バス」7月1日運行開始へ

 琴平バス㈱(仲多度郡琴平町 楠木泰二朗社長)と高松空港㈱(高松市香南町 渡部哲也社長)が協力し7月1日、高松空港と徳島県の祖谷地区を結ぶ直行バスの運行をはじめた。高松空港と県外を結ぶ定期路線は今回がはじめて。
 瀬戸内に広がる島へのアクセス抜群な「JR高松駅」を出発地点に、高松空港、琴平、大歩危・祖谷地区の観光エリアを順に廻る。毎日1日1往復。日帰りできるコースになっていることから高松の宿泊者増、加えて高松空港の利用者増に一役買う。
 新路線の運行スケジュールについて、まず往路は朝9時に高松駅を出発し、高松空港(9時45分発)、こんぴら参道口(10時25分発)、祖谷ふれあい公園などを経由、12時10分に観光施設の「かずら橋夢舞台」に着く予定。かずら橋では110分停車し、フリータイムを設ける。その後、「大歩危峡まんなか」へ。復路は15時35分にかずら橋を出発し、高松空港には18時15分、高松駅には19時に到着する予定になっている。料金は大人で片道二千五百円。切符は琴平バスのウェブサイトなどで販売している。
 バスの外観は「直島」や「祖谷」をモチーフにした色鮮やかなデザイン。乗車定員は28人。空席が出た場合は「天空の村 かかしの里」(徳島県三好市東祖谷)のかかしをモデルにした人形を「仮想乗客」として乗せる。また、後部客席には古民家風の「囲炉裏(いろり)」(シート4列分)を設置。鑑賞用で、停車中に自由に写真を撮って楽しめる。この仕掛けは国内で初という。
 6月28日に開かれた会見で、楠木社長は「四国や瀬戸内エリアに足を運んでいただけるお客様が増えれば」、渡部社長も「これは本当に観光の幅が広がる」と期待を寄せた。


一覧に戻る