ホーム香川経済&企業ニュース更新情報経済ニュース今年は「ユニバース」外れる/「ミス・ジャパン香川大会」挑戦者募集、7月20日まで

香川経済&企業ニュース更新情報

今年は「ユニバース」外れる/「ミス・ジャパン香川大会」挑戦者募集、7月20日まで


 世界中の女性たちが美を競い合う国際コンテスト「2018ミス・ユニバース・ジャパン」の香川大会が昨年10月、高松テルサ(高松市屋島西町)で開かれ大盛況。主催者を設けた地方大会として、香川県で開催されたのはこれが初めて。グランプリに当時女子高生(英明高校3年)の京極ひなたさん(現大学生)が選ばれたことは記憶に新しい。
 今年は諸事情があり、「ユニバース」が外れた「2019ミス・ジャパン」として開催されることが7月上旬、分かった。昨年の大会と同様、まずは各都道府県で開かれる地方大会(予選)を通じて代表者を決定。その後、各代表者らは東京で開かれる日本大会(最終審査)に出場し、国内の頂点を決める。グランプリには賞金として一千万円が贈られる。
 今後の大まかなスケジュールについては、7月〜9月にかけて出場者(ファイナリスト)を確定、10月〜来年2月にかけて地方大会、来年6月に日本大会が開かれる予定。
 現在、「2019ミス・ジャパン香川大会」を主催する㈱エルネストジャパン(永原いさよ社長)がエントリー者を受付中だ。応募用紙に必要事項を記入し、「上半身」と「全身」の2枚の写真を添付して同社宛に郵送する。エントリー資格は2019年1月1日時点で、年齢が18歳以上27歳以下であること。県内外問わず、日本国籍で未婚の女性なら誰でも参加できる。身長制限なし。語学スキルも不問。ただし、未成年の場合は応募用紙に保護者の自署・押印が必要となる。
 審査のポイントは外面と内面の美。応募締切は7月20日必着。書類選考後、合格者のみに連絡がいく。合格者は今年の「さぬき高松まつり」の一部催しに参加できる。応募用紙は同社のフェイスブックで確認できるほか、〈jzbrave@ybb.ne.jp〉に問い合わせて取り寄せる。
 一方で、今年は同社が独自に行う、輝く男女を表彰するコンテスト「HanaGawaアワード」も開催する。この企画は年齢制限なし。子どもから年配まで、性別問わず誰でも参加できる。8月から募集を開始する。
 特典として香川大会ファイナリストと、HanaGawaアワード受賞者数名に、香川県を舞台に撮影するインディーズ映画の出演が約束される。映画は全国公開を予定しているという。
 これら応募用紙の郵送先は次のとおり。
〒761-0104
高松市高松町2414-6-103
㈱エルネストジャパン
「2019ミス・ジャパン香川大会」宛


一覧に戻る