ホーム香川経済&企業ニュース更新情報経済ニュース日進堂が、地域アシスト債発行で高松市立太田小学校に備品を寄贈

香川経済&企業ニュース更新情報

日進堂が、地域アシスト債発行で高松市立太田小学校に備品を寄贈

 百十四銀行(高松市 綾田裕次郎頭取)を引受先に、9月26日にCSR私募債(愛称は百十四地域アシスト債)1億円を発行した、注文住宅・建売住宅を手掛ける㈱日進堂(高松市太田下町 喜久山知哉社長)。
 同債は、百十四銀行が発行企業から受け取る発行手数料の一部で図書やスポーツ用品を購入し、発行企業の指定する学校や公共団体に寄贈する仕組み。
 11月27日に寄贈式があり、喜久山社長、百十四伏石支店出木谷秀幸支店長が高松市立太田小学校(児童数757名)を訪ね、村川絹子校長に目録を贈った。
 寄贈品は折りたたみ式の屋内外兼用エバーマット1枚と、2台のキャスター付きホワイトボード。
 「子どもたちの笑顔が一番、ぜひ役立てて欲しい」と話す喜久山社長から目録を受け取った村川校長は「既存備品は老朽しており、大事に使わせて頂きたい」と謝辞を述べた。
 日進堂は「日本一!笑顔を創る住宅会社を目指して」を理念に展開する県内トップクラスの事業者。今年3月には岡山市南区に「住まいの図書館岡山」を開設。年間棟数200棟の目標を掲げている。
 ※写真右より村川校長、喜久山社長、出来谷支店長


一覧に戻る