ホーム香川経済&企業ニュース更新情報ブログ・マウスのつぶやき

香川経済&企業ニュース更新情報

卵アレルギーに対応のケーキ

まんのう町にオープンしているラ・パティスリー・ワッカさんへ。


ご存じの方も多いでしょうが、卵アレルギーに対応した洋菓子を販売しているケーキ屋さんです。

店主の請川さんが自身にアレルギー症状があったことから、アレルギー対応をコンセプトにしたショップにしています。

洋菓子は30種ほどショーケースに並んでいますが、そのうち6種類ほどは卵不使用商品です。常時これだけ取りそろえている店は少ないはず。


詳しくは、かがわ経済レポート2月発行号で。


ハーブティーを飲んできた

知り合いの社長さんからご紹介を受けて、本日はハーブティー専門店の取材へ。

聞くとハーブというのは、健康や美容に役立つ香りがある植物のことだとか。
ショウガやワサビもハーブだと言われると身近に感じますね。
お店の方からは、奥深いハーブの話をたくさんたくさん聞かせて頂きました。
今日はお店は休みでしたが、紅茶とジンジャーをベースにしたハーブティーをごちそうになりました。
ホンのちょっとだけ場所が分かりにくいお店です。地元民でないと迷うかも

詳細は、かがわ経済レポート2月15日号に掲載予定です。


丸亀町グリーンの初売り 元旦10時よりスタート!

丸亀町グリーンの初売りがもうすぐやって来ます
前回の初売りではオープン前に1,000人もの行列が出来たとのこと
これって何気にスゴイ!!ですよね
しかも今年はさらにスケールアップ
とりあえず私の楽しみは丸亀町グリーンの約30店舗で開催される「NEW YEAR SALE」。店舗によっては最大50%OFFになるそう
貧困層の私にとっては願ってもないチャンス!
前回の初売りでも6,000人!以上が参加したという「お正月大抽選会」(1/1〜5開催)も夢のない生活を送る私にとっては数少ない夢を見れるチャンス!
ほかにも先着500名様を対象とした「新春特別お菓子セット」のプレゼントや、「ガレット・デ・ロワ」の大試食会など、この時期だけのサービスも盛りだくさん

12/26〜1/5までの年末年始期間は駐車場が2時間無料になるとのことで、気軽に足も運びやすいこの時期に、私は初夢を見に行ってきます


かがわ経済レポート12月15日号発刊!

かがわ経済レポート「12月15日号」が発刊しました

マセラティの新風、「ギブリ」誕生
1千万を切る戦略価格で登場したイタリアン・ミドルクラスセダン

〜早くこんなクルマを乗り回せる身分になりたいものです
*マセラティ高松 高松市御厩町1344−2 年内は30日まで年始は1月8日より営業


<トップインタビュー>

香川県中古自動車販売協会(JU香川)
会長・理事長 岡 隆夫氏
副会長・副理事長 岡 宏治氏

〜なんと40歳代が過半を占める執行部体制との話を聞いてビックリ、


<今号の主なコンテンツ>

高松空港発の国内線LCC ジェットスター成田線が就航
中國銀行北京本店と業務提携の覚書締結 百十四銀行
新高松データセンター「パワリコ」完成 (株)STnet
グローバルセンターが創業25周年の記念式典開催
ワインバー感覚のメガネ店を丸亀町壱番街にオープン (株)三城
「若者応援企業宣言」事業を導入 香川労働局  
                         e.t.c


<BOOK>

「中内功のかばん持ち」 恩地祥光著プレジデント社刊

〜「流通業界のパイオニア」「昭和のカリスマ」と呼ばれたダイエーの創業者・中内功をもっとも知る男、恩地祥光氏。彼が記した中内功の真の人物像が赤裸々に描かれ、何度読み返しても興味の尽きない一冊


<PhotoTopics>

高松レインボーロード 〜イルミネーションがとってもキレイですよ
香川さくらの女王 〜香川はべっぴんさんの宝庫です
夢っ姫パーティー 〜香川で働く女性の「女子力」アップを目指すイベントです


<グルメレポート>

焼肉五苑 高松中央通りハゼ店

〜料理はもちろん、会話も気楽に楽しめる個室空間が充実。セットメニューも格安料金で提供。
ファミリーでもお一人様でも存分に堪能できますよ



高松三越がリニューアル

株式会社高松三越(辻村社長兼店長)は、売場の刷新を図る工事を行っており、
10月5日にリモデルグランドオープンした。
「常に上質で新しいライフスタイルを創造し、お客様の生活の中のさまざまなシーンで
お役に立つことを通して、お客様一人ひとりにとって生涯にわたるマイデパートメントストアとなる」を
テーマに各売場を刷新する。

新規ショップの導入は21店舗でそのうち四国初登場が7店舗、香川初登場が3店舗。
売場の移動や拡大•縮小などによるリフレッシュ店舗は16店舗におよぶ大規模なもの。
地階の食品売場では。百椀(和総菜)〜四国初、さぬきキッチン(県産品)、
江戸屋リフレッシュガーデン(青果)〜香川初、肉処壱丁田(精肉•総菜)〜四国初、
魚武•伸漁丸(魚•塩干)〜四国初、オアジオ(グロッサリー•日配品)〜香川初を新規に導入。
希望の多かった和総菜ショップの導入、本当においしいもの、おいしい食べ方を接客提案、
肉屋•魚屋だからこそできる出来立て総菜の提案、気軽に立ち寄れるテラスの設置を提案する。

1階は「ON」と「OFF」のお役立ちというテーマで、ON雑貨、OFF雑貨アイテムを揃え、
プロモーションスペースを取り入れた。化粧品コーナーでは、お手入れルームを2部屋導入したほか、
ステージを設けてプロモーションを積極的に行い、四国一の売上を目指す。
 2階は「ライフスタイル雑貨ストリート」を新設。「ローラアシュレイ」「ドゥセー」
「アンジャルダン」「群言堂」を導入し、「衣食住趣健」をトータルで扱う。また5階では
「快眠」をキーワードにオーダー枕とマットレスを展開。お試しルームを設置し、
自分に合った組み合わせを提案する。6階には知育玩具の「ポーネルンド」を導入。
販売サービスの充実としては、高齢や体の不自由な顧客への各種サポートサービス、
ハンズフリー&ポーターサービスを新たに導入する。また一番要望が多かったという6階の
レストラン「ランドマーク」での、祝・祭日をのぞく毎週月曜日に一角をコミュニティスペース提供する。
 高松三越は、1931年に開店。現在、売場面積は二七一三七平米、駐車場は契約を含め約二千台。
今回の改装投資額は約5億円。リニューアル規模は四千平米に及ぶ。

オープン時には多くの人が並びました。