ホーム香川経済&企業ニュース更新情報香川銀行の新本店ビル、11月18日にグランドオープン

香川経済&企業ニュース更新情報

香川銀行の新本店ビル、11月18日にグランドオープン

 香川銀行(本田典孝頭取)が旧本店跡地で建設を進めていた新本店ビル(高松市亀井町6ー1)は、11月18日(月)にグランドオープンを迎える。先ごろ内覧会を開き竣工したばかりの新本店ビルの内部を一足先に披露した。
 テーマ・基本コンセプトは「ずっとそこに在る」。昭和44年に完成し、この地で48年の歴史を刻んだ旧本店ビル。その思いを引き継ぎ、次の50年、100年と県民の心に在り続ける本店ビルを目指した。
 外観は外壁に石材を用いることで旧本店の伝統を継承し、都市景観との調和を重視。
 受付エントランスの壁面は庵治石を使用し、世界的芸術家濱野年宏氏の作品「紅白梅図」が掛けられ、ATMコーナーや役員応接室には、香川の伝統工芸品「組手細工」(伝統工芸士 生島直樹氏の作品)を配し、役員応接室にはアクリル樹脂パネルメーカーの日プラ製シャンデリアを採用した。
 また、旧本店で使用していた御影石や工芸品を再生利用し記憶を伝承。
 来店者の多い1、2階の本店営業部はロビーや相談スペースを充実させ、自動貸金庫の設置など利便性に優れる環境を整えた。1階の什器は、瀬戸芸でも活躍する服部滋樹氏のセレクト品ならびに工房の製作品を採用している。
 設計・監理㈱三菱地所設計、監理㈱三菱地所設計、真鍋令建築設計事務所、施工は大成・日栄建設工事共同企業体。電気設備工事 大一電気工業、空調衛生設備工事 徳寿工業・四電工建設工事共同企業体。
 18日に来賓を迎えテープカット。当日と19日は本店営業部の来店者に記念品をプレゼントする。



一覧に戻る