ホーム香川経済&企業ニュース更新情報ネクスト香川が「情報通信型インキュベート工房」を開設

香川経済&企業ニュース更新情報

ネクスト香川が「情報通信型インキュベート工房」を開設

(公財)かがわ産業支援財団(高松市 大津佳裕理事長)が管理する、香川県新規産業創出支援センター「ネクスト香川」(高松市林町 香川インテリジェントパーク内)は11月1日、IT関連事業の創業者らに向け、『情報通信型インキュベート工房』4室を新たにオープン。現在入居者を募集している。

 インキュベート工房の面積は約15~30㎡で、賃料月額2万円台から(1560円/㎡)。24時間365日施設利用が可能な機械警備システムや、無料インターネットを備えており、PC一台で働くような事業者に恵まれた環境。

入居者第一号は、エムケイディ(同)朝倉貴光代表社員。医療・福祉現場向けのアプリケーション開発を行う朝倉氏は、「セキュリティ対策が万全で、いつでも工房を利用できることが入居の決め手」と話している。



一覧に戻る