ホーム香川経済&企業ニュース更新情報経済ニュース「空の世界、魅力いっぱい」/ANAが新スタイルの航空教室、仏生山小

香川経済&企業ニュース更新情報

「空の世界、魅力いっぱい」/ANAが新スタイルの航空教室、仏生山小

 ANAの現役パイロットやキャビンアテンダント(CA)、整備士らが特別講師となり、児童に空の世界を楽しく分かりやすく説明する体験型の航空教室が3月6日、高松市の仏生山小学校で開かれた。
 教室は、ANAグループが2017年10月から全国で開催している「ANA Blue Academy ミライつくーる」。自分の将来を考えはじめる小学5・6年生を対象にしたキャリア教育プログラムで、学校の授業の一環として実施している。
 児童らの思考力や判断力、表現力の育成に取り組める構成になっているのが特徴。ANAはこれまでも座学を中心とした航空教室を数多く開いてきたがこのたび、児童が協力して知恵を出し合い、自ら課題解決を考える「アクティブラーニング」を取り入れた。
 この日、9人の講師が各クラスに分かれ、6年の児童ら約70人が参加した。CAのクラスでは、「赤ちゃんを連れた利用客にどんな手伝いができるのか」というシンキングタイムになると、児童はグループになって話し合い、「毛布をかけてあげる」や「おもちゃを使って喜ばせる」などの案を次々と上げた。
 その一方、整備士のクラスでは、児童らが実際に飛行機に使われている部品を手に取り、工具をつかって分解。バラしたパーツ一つひとつに大きな傷がないかを念入りにチェックし、損傷があれば交換も。安全を第一に考える大切さを学んだ。
 整備士の仕事を体験した男子児童は、「(機体を)陰で多くの人が支えていることを知った。やり甲斐のある仕事でカッコイイ。将来、整備士を目指すのもいいなと思った」と笑顔で話していた。 


一覧に戻る