ホーム香川経済&企業ニュース更新情報経済ニュース学生有利変わらず、売り手市場続く/春の合同企業説明会 「かがわーくフェア」

香川経済&企業ニュース更新情報

学生有利変わらず、売り手市場続く/春の合同企業説明会 「かがわーくフェア」

 来年3月に大学や短大、専門学校等を卒業予定の学生らを対象にした合同企業説明会「かがわーくフェア」が3月8日、高松市林町のサンメッセ香川で開かれた。
 説明会は、香川労働局や県などが主催するもので、県内就職の促進や県内事業所の人材確保を支援しようと毎年3回開催している。今回は3月1日、次年度卒業予定者らの就職活動が本格化して以降、県内で大規模な説明会となる。 
 同日、会場には県内に就業場所を構える企業183社がブースを設けて出展。採用担当者が仕事内容をはじめ、学生も関心の高い「働きやすい職場環境」であることを積極的にアピールしていた。
 今回、既卒や中途採用希望者らを含めた求職者254人が参加。このうち、190人が次年度卒業予定者で、昨年の同時期に比べて約120人のマイナス。香川労働局の担当者も「(次年度卒業予定者は)想定よりもはるかに少ない」と話している。
 今年の就活スケジュールについて、企業の広報活動(説明会等)の開始は3月1日以降、選考活動の開始は6月1日以降で、3年連続同じ。昨今の人手不足を背景に、学生側が有利な「売り手市場」も続いている。
 ある採用担当者は、「なかなか(学生に)ブースに来てもらえない」と肩を落とす一方で、岡山県の短大に通う女子学生は、「事前に何社か調べて良いなと思う企業が出展していたので会場に足を運んだ。それ以外は見ていない」とする意見が出る。これを踏まえると、企業側は説明会開催前の早くから学生に魅力を売り込み、興味を示してもらう必要がありそうだ。そうしなければ、当日の目的である面談が叶いにくい状況をつくる傾向も。
 また、地元の大学に通う男子学生は、「第一希望の会社から早々に内々定を貰っても、もっと自分に合った会社があるかもしれない。就活期間をフルに活用したい」と意気込む声もあった。
 この「超売り手市場」から、各企業は例年よりも厳しさを増した短期決戦が予想される。


一覧に戻る