ホーム香川経済&企業ニュース更新情報経済ニュース「高松ーソウル線」が 10月28日から毎日運行/高松空港で記念セレモニー

香川経済&企業ニュース更新情報

「高松ーソウル線」が 10月28日から毎日運行/高松空港で記念セレモニー

 香川県と韓国をつなぐ、四国初の定期国際路線「高松ーソウル線」が10月28日から毎日(デイリー)運行を開始。これを記念し同日夕、高松空港の国際線搭乗待合室でセレモニーが開かれた。観光関係者らによるくす玉割りでデイリー化を祝うとともに、出席した高松空港㈱の渡部哲也社長やエアソウル㈱の姜敏圭マーケティングチーム長、浜田恵造知事らが挨拶で今後の意気込みなどを語った。今回の毎日運航は同空港に就航する国際線で初となる。
 平成4年4月20日に就航した同路線は、韓国のアシアナ航空が長期にわたり運航。平成28年10月7日からはアシアナ航空の子会社・エアソウル(格安航空会社)が路線をそのまま引き継ぐ形で運航を始め、LCC化にプラスして同月19日には従来の週3便を5便に増やしていた。フライト時間は片道およそ1時間40分。
 香川県交通政策課によると、エアソウル移管後の平均搭乗率は、直近のデータ(平成30年1月〜同年9月)で76.1%(対前年比12.8%増)。高い水準を記録しているという。
 現在このデイリー化を記念し、ファンクラブに新規入会するとキャッシュバックなどが受けられるキャンペーンを行っている。
 詳細や問合わせ等は下記まで。
TEL:087-815-8115(エアソウル高松支店)


一覧に戻る