ホーム香川経済&企業ニュース更新情報経済ニュースたかまつ政策プランコン/「アート」をテーマにした4人の社会人チームが大賞

香川経済&企業ニュース更新情報

たかまつ政策プランコン/「アート」をテーマにした4人の社会人チームが大賞

 高松の未来をより良くするアイデアを競う「たかまつ政策プランコンテスト2018」(高松市主催)の最終審査会が11月11日、高松市ヨット競技場の会議室であり、「アート」に焦点をあてたプランを発表した4人の社会人チームが大賞に選ばれた。
 コンテストは昨年に続く2回目の開催。今年は香川県内3市5町に在住(或いは通勤・通学)する中学生から39歳までの幅広い若者を対象に募集し、結果的に高校生、大学生、社会人からなる全8チームが集まった。
 8月のキックオフを皮切りに、これまでNPO法人わがこと(大美光代代表理事)と同市役所職員らが率先して各プランをサポート。8チームは約3ヶ月かけて練り上げた政策プランを持って最終審査に挑んだ。
 同日、審査員の大西秀人高松市長をはじめとする三野 環社長(香川オリーブガイナーズ球団)ら4人と一般市民の聴講者を前に、高校生・大学生混在1チーム、大学生4チーム、社会人3チームがそれぞれプレゼンテーション。高松市の活性化につながる政策として、子育てや商店街、農業などに着目したプランが出された。
 栄えある大賞をとったのは、「市民が育てるアーティスト事業」と題したプランを発表した、4人の社会人チーム「K2FC PAINTING」。この政策(事業)を実行に移すことで、高松市が「アーティストの生まれる街」としてリブランドされる期待などを示した。総評で大西市長は、「どれも甲乙付け難いハイレベルなプランだった」と振り返り、大賞の決め手に「(アートの)人材育成に重きを置いていたところ」を挙げた。


一覧に戻る