ホーム香川経済&企業ニュース更新情報経済ニュース「メリークリスマス」/ボランティアサンタ112人が子どもたちにプレゼント届ける

香川経済&企業ニュース更新情報

「メリークリスマス」/ボランティアサンタ112人が子どもたちにプレゼント届ける

 香川大学の学生らでつくるNPO法人「チャリティーサンタ香川支部」(菅谷美奈海代表)が12月24日夜、サンタに扮して各家庭の子どもたちにプレゼントを届けにまわった。※写真=開会式で挨拶する菅谷さん
 同法人・支部では毎年クリスマスイブの夜、メンバーらが全身サンタの格好で各家庭を訪問し、親が予め用意したプレゼントを預かって子どもたちに手渡している。さらにその家庭から受取る寄付金(チャリティー金)を活用して国内外の恵まれない子どもへの支援に役立てている。
 プレゼントを届ける家庭は事前に公募。今回は同支部のメンバーをはじめとする一般ボランティアを合わせた112人が参加した。
 24日の15時、高松市幸町の香川大学(オリーブスクエア)で開会式と直前講習があった。参加者はサンタの白髭の付け方を確認したりロールプレイングを行うなどして準備が整うと、家庭を訪問するサンタ役、道案内などするサポート役がペアになって出発。高松・坂出の両市を中心とする一般家庭やパーティー会場に足を運び、子どもたちを喜ばせた。
 「イブの日に、たくさんの人たちを笑顔にできれば」と打ち明ける菅谷さんも自身がはじめて訪問サンタを経験したとき、可愛い双子の女の子が驚きながらも駆け寄ってきてくれたことが印象的で忘れられないという。


一覧に戻る