ホーム香川経済&企業ニュース更新情報経済ニュース渡辺氏「競合よく調べてみて」/営業テクを授ける研修、参加者「気付き」続々

香川経済&企業ニュース更新情報

渡辺氏「競合よく調べてみて」/営業テクを授ける研修、参加者「気付き」続々

 (一社)香川県中小企業診断士協会(高松市林町 山下益明会長)が2月2日、サンポートホール高松(高松市サンポート)の会議室で営業テクニックを授ける一日研修を実施。参加した企業経営者や一般社員らはワークシートをつかって自身の性格を分析したり、マーケティング手法を学ぶなどして各自各社の売上アップにつながる策を考えた。
 講師を務めたのは高松市の経営コンサル会社・ワタナベコンサルティング代表の渡辺日菜子さん(中小企業診断士)。同協会会員の渡辺さんは、トップダウンよりも「ボトムアップ」を重視して(企業の)売上拡大を図るコンサルスタイル。営業社員のモチベーションアップなどを得意としている。
 この日のメーンテーマは「自己実現を自社の営業で叶える〜心理学に基づいた営業活動のテクニック〜」。午後の研修で渡辺さんは、20の質問項目から自身のタイプ(性格)を弾き出す自己分析手法を紹介。また、特に意識する競合他社の経営理念や売上規模、従業員数を書き込むワークでは、参加者のペンが止まる姿も。渡辺さんは「この点、実は意外と知らなかったりするもの」とし、自社との違いを比較する際には重要なファクターになり得ることを示した。
 このほか、市場を開拓するために効果的とされるマーケティング手法「STPマーケティング」の仕組みも解説。参加者は半年後を目処に「(自分が新たに)売りたい顧客は誰か」、「(その市場に)どんな商品を販売したいか」等を具体的に考えた後、ペアになって意見交換するなどした。
 一日の振り返りで、企業経営者は「今後のビジョンがみえてきた。さっそく社員と共有したい」と大満足。一般社員も「まだまだ自分に出来ていないことが明確に分かって良かった。明日からでも実践したい」と気持ちを新たにしていた。


一覧に戻る