ホーム香川経済&企業ニュース更新情報経済ニュース社会福祉法人永世会が香川県内7社目のユースエール認定

香川経済&企業ニュース更新情報

社会福祉法人永世会が香川県内7社目のユースエール認定

 若者の採用・育成に積極的で、若者の雇用管理状況などが優良な中小企業を、若者雇用促進法に基づき厚生労働大臣が『ユースエール認定企業』として認定している。
 香川労働局(本間之輝局長/写真左)は、基準適合事業主として8月20日、老人福祉・介護事業を展開する社会福祉法人 永世会(坂出市西庄町 上里好子理事長)をユースエール認定。
 香川県内の事業所の認定は7社目となった。
 8月29日、サンポート合同庁舎で認定通知書交付式が開かれ、本間局長から永世会の山口吉英理事(写真右)に認定証がおくられた。
 永世会は直近3年の新卒採用者の離職率がゼロ、前事業年度における正社員の平均時間外労働時間が認定基準を大きく下回るなど、若者の定着や雇用管理に優れた実績が認められ認定に至った。


一覧に戻る