ホーム香川経済&企業ニュース更新情報経済ニュースタカハタ、中国銀行が高松市立三渓小学校へ備品寄贈

香川経済&企業ニュース更新情報

タカハタ、中国銀行が高松市立三渓小学校へ備品寄贈

 株式会社タカハタ(高松市三谷町3234-10 高畑洋輔社長)は昨年暮れ、中国銀行(加藤貞則頭取)を引受先、財務代理人として『SDGs私募債「地域応援型」』1億円を発行。
 発行手数料の一部で高松市立三渓小学校(藤井浩史校長 児童数487名)へプロジェクターを寄贈した。
 1月21日、高畑社長、中国銀行高松南支店の藤澤宏文支店長らが小学校を訪問、藤井校長に目録を贈った。
 タカハタは1967年、電機設備関連の受配電盤などを製作する高畑電機として設立。その後FA機器の一貫生産を強化、2011年の社名変更を機に食品機械の設計・製造へ新規参入するなど、経営の多角化を進める注目企業だ。
 昨夏よりSDGs私募債の取扱いを始めた中国銀行では、取引先企業の地域貢献等を積極的に支援している。
 写真左より中国銀行藤澤支店長、タカハタ高畑社長、藤井校長


一覧に戻る