ホーム香川経済&企業ニュース更新情報経済ニュース香川県信用組合が社会貢献活動の一環で、児童養護施設に寄付金

香川経済&企業ニュース更新情報

香川県信用組合が社会貢献活動の一環で、児童養護施設に寄付金

 社会貢献活動の一環として、平成14年度より「しんくみピーターパンカード」寄付金をチャリティ関連諸団体に寄付している香川県信用組合(高松市 川畑 貢理事長)。
 「しんくみピーターパンカード」は、香川県信用組合ほか全国の信用組合が取り扱う、オリエントコーポレーションの発行するクレジットカード。契約者の利用額の一部を、障がいや難病と闘う子供たち、その家族への支援活動、子供たちの健全育成活動へと贈られている。
 香川県信用組合は四国信用組合協会を通じて寄付活動をおこなっており、今回は社会福祉法人四恩の里(高松市中山町 野田大燈理事長)が運営する児童養護施設亀山学園(丸亀市 松下俊一園長)に対して寄付金40万91円を贈呈した。
 9月3日、川畑理事長、右川俊二理事らが亀山学園を訪問し野田理事長、松下園長に目録を手渡した。学園では、現在通路に保管している図書を収納する図書コーナーの整備費の一部に充てる予定だという。
 写真右/けんしん川畑理事長 左/四恩の里野田理事長


一覧に戻る