ホーム香川経済&企業ニュース更新情報ブログ・マウスのつぶやきJAL×うどん県が日本の空を飛び廻る

香川経済&企業ニュース更新情報

JAL×うどん県が日本の空を飛び廻る

香川県とJALがタッグを組んで、香川観光を発信する。
JALは昨年5月より、日本各地の地域(自治体等)とタイアップして日本の素晴らしさを発信していく地域活性化プロジェクト「JAPAN PROJECT」を展開中。そしてこの3月に「香川県」が登場する。
JALの機内誌「SKYWARD」3月号での香川県特集、マイレージ会員誌「AGORA」での香川特集、国内線ファーストクラスでの香川の機内食の提供、国内線機内ビデオ「JALスカイスクエア」にて、うどん県オリジナルPRビデオの放映となっている。
「平家浪漫を訪ねて香川へ」と題して大きくページを割いている。
 
機内食は香川を代表する老舗の料亭である「二蝶」の山本亘総料理長が担当(監修)する。春の香川を感じる食材をふんだんに使った地元香川ではおなじみの料理ばかり。

ちなみにメニューは、
△3月上旬はミルク豆腐、葉牛蒡のきんぴら、讃岐牛アスパラ巻き胡麻ダレ焼き、蒟蒻土佐煮、竹の子、蕗、プチトマト、俵ご飯(ふっくりんこ/日本国産米)、味噌汁。
△3月中旬はうるい、こごみ、独活(うど)、梅おろし和え、土筆、分葱、飯蛸、ぬた和え、鰆蕗味噌焼き、厚焼き玉子、竹の子木の芽味噌、菜の花辛子和え、一寸豆、茗荷酢漬け、俵ご飯(ふっくりんこ/日本国産米)、味噌汁。
 △3月下旬にはうすい豆腐、まん葉のけんちゃん、出汁巻き玉子、海老、飯蛸。鯛の子、スナックえんどう、俵ご飯(ふっくりんこ/日本国産米)、味噌汁。
 
こちらは羽田=伊丹、羽田=福岡、羽田=千歳の基幹三路線を飛ぶファーストクラスで提供される。17時以降の夕方発の便となる。



一覧に戻る