ホームTHE KAGAWA TODAY

THE KAGAWA TODAY

『しょうどしま丸』就航開始

 四国フェリー㈱(堀川智司会長)グループの小豆島フェリー㈱(堀川満弘社長)は、1,250トン型旅客フェリーを建造。船名を『しょうどしま丸』と命名し、3月7日に竣工披露を行い、10日より高松・土庄航路に就航を開始。
 竣工披露会には、取引業者や関連会社など多くの経済人が足を運び、見事なまでに完成された船内に驚きの声を挙げていた。
 同船は総トン数1,257トン、全長71.9m、幅14.4m、深さ4.5mを誇る大型船。
 船内には売店を完備しており、ソファー席・ボックス席・リクライニング席・バリアフリー椅子席・カーペット席を設置。旅客定員490人、積載能力は乗用車56台となる。
 インバウンドや国内観光が盛り上がっている中、同船の就航による県内観光の活性化に更なる注目が集まることだろう。



田村日出男氏 旭日雙光章受章記念祝賀会

 香川を代表する銘菓「瓦せんべい」の味を、1877年の創業以来守り続ける宗家くつわ堂(高松市兵庫町四-三)相談役である田村日出男氏の『旭日雙光章』受章記念祝賀会が2月19日、JRホテルクレメント高松にて開催された。
 旭日章は社会の様々な分野における功績を対象としており、産業や文化の振興・発展に寄与した者だけでなく、地方自治における功労、適正な納税の実現に寄与した功労なども含まれる。
 同日、会場には浜田恵造知事、大西秀人市長はじめ、約130人もの来場者が足を運び、盛大に賑わっていた。
 田村氏は「同章を手にすることができたのは、私自身の力ではなく周りの方々のお力があったからこそ。私の人生は『どこまで行っても上り道』をモットーとしており、今後も歩み続けていきたい」
 と心を奮わせて語った。



平成29年 四国新年交流会

四国経済連合会、四国生産性本部が主催する新年交流会が1月13日、高松国際ホテルにて開催。企業や官公庁のトップなど約460人が集まる会場で、今後の景気の実感や動向について考えるなど、会場は熱気に包まれていた。



四国ドックが進水式を開催

 船舶の新造・改造・修繕に務める四国ドック㈱(高松市朝日町1-3-23 宗田 勝社長)は、冷凍運搬船(650,000cf型)の進水式を11月28日、盛大に開催。
 同日、式典には関係者含め地域の人や親子連れの見学者等が足を運び、勢いよく進水する同船の様子を見届けた。