ホームTHE KAGAWA TODAY

THE KAGAWA TODAY

東大阪モノづくり親善大使 青木氏を招き盛大な講演会開催

 高松信用金庫(蓮井明博理事長)はこの度、平成28年度経営者講演会を開催。
 講師には、東大阪モノづくり親善大使の青木豊彦氏を迎え、「技術を世界に!町工場社長のものづくりと職人魂」をテーマに会場を賑わせた。
 青木氏は、大阪府出身の㈱アオキ会長。中小企業が、当初八千社集まるモノづくりの町、東大阪で「メイド・イン・東大阪」の人工衛星を打ち上げようと計画をスタートさせた中心者。
 2005年に東大阪市モノづくり親善大使を拝命し、08年に有限責任事業組合航空宇宙開発まいど設立。09年に、種子島宇宙センターより国産ロケットH-ⅡAで人工衛星「まいど1号」の打ち上げに成功する。
 講演では、「ヨーロッパ、アメリカでの創業100年を迎えている会社はそれぞれ80社程度であるが、日本は昨年末時点で約2万7000社が存在し、これは世界に向けて大いに誇れること」
と熱く絶賛。
 人工衛星「まいど1号」の打ち上げに成功したことについて、東大阪に若者を集める手段だったと述べる。
 「逆境に見舞われた時に愚痴を溢すことは、自己満足であって決して前には進まない。
 また、どんなに名が売れていない会社でも、社員が誇りを持てる会社こそが将来的に勝負の分かれ目となる。誇りに想える社員がいることが、堅実な経営を確実に歩む秘訣である」
と自身の体験をもとに、関西人らしいユーモア溢れるトークで会場を大いに盛り上げていた。



栗林公園で現代アートとスイーツのコラボ

 栗林公園にて、庭とアートとスイーツを一度に楽しむことができるイベント『甘庭』が開催された。
 同イベントは、瀬戸内国際芸術祭2016「東京藝術大学×ロンドン芸術大学国際共同プロジェクト」や、日本で最も高品質と言われる庵治石等で作られたアート作品「石あかり」の特別展示の鑑賞とともに、県産品にこだわったスイーツが参加者に用意された。
 参加者は、商工奨励館2階にあるジョージ・ナカシマのデザインした家具で休憩を取りながら、季節の県産品を用いたオリジナルスイーツを嗜んでいた。
 また、庭園には16点ものアート作品が展示され、従来にない園内の魅力を発見できるガイドツアーで、参加者を魅了していた。



瀬戸内国際芸術祭2016、秋会期開幕

 現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭2916」の秋会期が10月8日に開幕した。
 秋会期では、香川県西部の4島(本島、高見島、粟島、伊吹島)が新たに会場に加わる。
 春会期は25万人、夏会期は40万人と、海外・県外観光客を主に、前回よりも勢いを強める同芸術祭。
 今回は、食プロジェクトの一環とし、瀬戸内の新鮮な食材、また食に代表される島の文化や生活などの地域の魅力を五感・味覚を通じて感じる「味わえるアート」として来場者に提供する。
 会期は11月6日(日)まで。高松港周辺11島13会場にて開催。



多彩なバイヤーを招聘  食品商談会開催

 地場産業の中で重要な位置を占める県内食品産業の販路開拓を支援するため、県内外の多彩なバイヤーを招聘し、自社商品を売り込む『食品商談会』が9月13日、JRクレメント高松「飛天」の間にて開催された。
 主催は県・(公財)かがわ産業支援財団(中山貢理事長)・㈱百十四銀行(渡辺智樹頭取)・㈱香川銀行(下村正治頭取)・高松信用金庫(蓮井明博理事長)・観音寺信用金庫(須田雅夫理事長)。
 共催は㈱日本政策金融公庫高松支店、㈱商工組合中央金庫高松支店、農林中央金庫高松支店。
 同日、参加セラー89社(前年比5社増 内新規30社)、参加バイヤー60社(同13社増 内新規16社)が参加。昨年よりもセラー、バイヤーともに参加数が増加した。
 なお、今年度より共産として農林中央金庫高松支店が新たに加わったことで、県内農林水産事業者が例年よりも増加したことが特徴的。
 会場には、香川県よろず支援拠点販路開拓専門家による『商品・商談会相談コーナー』、(公財)かがわ産業支援財団による『知的財産相談コーナー』、香川県産業技術センター(食品研究所、発酵食品研究所)による『新商品開発等相談コーナー』が設置され、個別相談ゾーンではセラーがバイヤーへ自社商品を熱心に売り込んでいたほど、熱気に包まれていた。
 同日行われた商談件数は658件(前年比137件増)。内、商談成立見込み135件(同12件増)、商談継続374件という結果となり、例年よりも内容の濃い商談と成果が見られる。
 セラーからは「多くのバイヤーとの繋がりを持てる、他にない絶好の機会。日々の研究を重ねた商品を売り込むことで、今後の販路開拓を担っていきたい」
と熱い意気込みを頂いた。
 県内事業者のレベルアップと活性化に影響をもたらす同商談会に、今後の県内産業の変化が注目されてくることだろう。



理事長が職員と本音で語り合う〜高松信用金庫〜

 「地域へ貢献する努力ことが、私たちの収益に結びつくことを忘れてはならない」
 紳士的で落ち着いた物腰、しかし目の奥には将来への金融機関競争を鋭く見据えながら、蓮井明博理事長は職員に語る。
 高松信用金庫では年に一度、蓮井理事長が営業店の職員全員と食事を兼ねた店内会議を行っている。同会議では、職員一人ひとりが本音で語り合うことで、疑問や誤解の解決・より運営の改善に向けた意見交換を行うことで、同金庫全体でのレベルアップを目的として、9月7日、同金庫西通町支店にて開催された。
 蓮井理事長は「私たちの日々の業務活動・地域貢献が、回り回って本業収益に跳ね返ってくることを忘れず、数ある金融機関の中でも、真の意味でお客様から評価される立場になることが大切」
と、信用金庫本来の在り方と将来に向けての想いを熱く述べた。
 同金庫は、流動性預金を中心に、預金残高は前期比13億47百万円増加。貸出金残高は地方公共団体向けの減少はあったものの、それを除いた貸出金残高は増加している。
 一方で、激しい金利競争の中で、貸出金利周りの低下を受けル中、有価証券運用にて安定した収益確保を図るためインカムゲイン(利息配当金収入)を重視した運用、さらに全体で取り組んだ経費削減効果もあり、本業の収益力を示すコア業務純益は4年連続で15億円を上回るほど、他の同規模信用金庫との圧倒的な実力差を感じさせた。
 近年における厳しい金融情勢の中、本音を語り合いながら、地に足を付けた堅実な成果を見せる同金庫の活躍は、勢いを緩めることを知らない。蓮井理事長のズバぬけた行動力と、職員の団結力溢れる今後の同金庫に今後も注目していきたい。