ホーム香川経済&企業ニュース更新情報経済ニュース企業1割増えるも、学生3割減/秋の就職面接会 「かがわーくフェア」

香川経済&企業ニュース更新情報

企業1割増えるも、学生3割減/秋の就職面接会 「かがわーくフェア」

 来年春卒業予定の大学生や短大生、専門学生らを対象にした合同就職面接会「かがわーくフェア」が高松市林町のサンメッセ香川で開かれ、採用担当者は学生らに仕事内容ほか、休日や残業についてもしっかり説明し、働きやすい職場であることをアピールした。
 面接会は香川労働局や香川県、高松商工会議所などが主催するもので、毎年3回開催。今年度はその2回目。
 この日、会場には香川県内をはじめとした企業約130社がブースを設けて出展し、学生ら80人超が参加した。
 主催者によると、昨年同時期と比較し、企業側は約1割増。業種別にみて、今回は製造業が41 社、卸・小売業が31社、医療福祉業が23社と、上位を占める結果に。
 一方で、学生側は内定出しが6月から解禁になったものの、すでに内定保持者も多くいるようで、約3割減。内定を持ちながらの就活続行組に加え、公務員試験の結果から、民間企業に方向転換を考えた学生らが集まったという見方もある。
 メーカーの採用担当者は、「内定を出しても本当に入社してもらえるか不安」とするなか、香川県内の大学に通う女子学生は、「まだ内定はないけど、一社もらっても納得いくまで(就活を)続けるつもり」と余裕をみせた。
 今後も売り手市場は続き、企業側はますます新卒採用が難しくなる見通しだという。


一覧に戻る