ホーム香川の経済界トップ登場

香川の経済界トップ登場

【(株)NTTドコモ四国支社】 執行役員・四国支社長 須藤章二氏

谷益美さん

初の四国赴任docomoの魅力発信に注力、スマートフォンの販売は好調推移

「NTTドコモの四国内シェアは約6割。全国的にみても高いシェアを維持しているが、さらに高めていきたい」

6月20日の着任から2ヶ月半が過ぎた。現状把握と分析を済ませ、これからが本当のスタートかも知れない。
「通話からデータ通信へ。ケータイの利用形態は劇的に変化した。そして今やスマートフォンがトレンドとなりつつある。


【中国銀行】 取締役・四国地区本部長 釣井時和氏

谷益美さん

事業に役立つサポート機能を充実し、香川の中小企業をしっかり応援

パワフルな六車本部長の後任として、この7月大阪支店長から着任。以来地区の店舗の主な取引先を回り挨拶に多忙な日程を消化したが、さして疲れた表情も見せず「みなさん温かく迎えてくれた。当行を信頼して頂き背中を押して下さる気持ちが伝わりありがたいと思った」と謙虚な心情を洩らす。


【(株)日本政策投資銀行】 四国支店 支店長 木原 茂氏

谷益美さん

地元金融機関と連携し、金融力を活用して四国企業に貢献

6月23日発令、28日着任。入行後、名古屋、金沢、広島の支店勤務と青森県内の取引先出向を経験、高松が五度目の地方勤務になる。

学生時代少林寺拳法に明け暮れた木原氏にとって、総本山のある香川は心のふるさとであり、浅からぬ縁を感じているそうだ。担当の四国地方を回ってみて、改めて『四国は気候温暖、風光明媚、食材豊富で住みやすい』とその印象を語ってくれた。