ホーム香川の経済界トップ登場

香川の経済界トップ登場

【香川シームレス㈱】代表取締役社長 金地祐一郎氏

先代の金地行雄氏(現会長)からバトンを受け、昨年4月に就任。「会社が50周年、先代が社長に就任して30周年という節目であり、数年前からそんな予感はしていた」と、自然体で挑めることは何より心強い。
要所では会長のサポートを仰ぎながらも、社員や本社工場長である実弟の晃司氏らと若い感性をフルに発揮しながら、市場の縮小が懸念されるレッグニット業界で強い存在感を確立していく決意だ。
学卒後は帝人商事(当時)に入社。商社マンとして居心地も良かったが、2003年に香川シームレスに大きな転機が訪れる。当時OEMで90%の売上を占めていた主要取引先が民事再生法を適用。「父がコツコツ育て上げてきた会社」の屋台骨を揺るがす一大事に心の葛藤は続き、「少しでも力になれることがあるのでは」と入社を決断したのは30歳の時だった。
業界はストッキング離れや生足ブームでピーク時の四分の一程度にまで規模がシュリンク。OEMを主体とする事業展開には限界を感じ、一念発起して自社企画・開発商品の拡充や東南アジアへの輸出にも注力してきたことが失地回復への胎動となった。