ホーム香川の経済界トップ登場【㈱オークラハウス】代表取締役社長 福家正志氏

香川の経済界トップ登場

【㈱オークラハウス】代表取締役社長 福家正志氏

昨年2月、社長に就任。親会社の大倉工業では内装建材の開発を皮切りに、住宅営業や経理部門など様々なポジションで活躍。「すべての経験が役立っているが、特に最初の配属でシステムキッチンの天板などにも使用されている樹脂製人工大理石の開発に携われたことは印象深い」と目を細める。
同社は平成15年、大倉工業から分社化して設立。木造注文住宅、リフォーム、分譲住宅などを軸に地域に密着した住宅メーカーとして存在感は強い。「建材メーカーの大倉工業グループとしての強みとシナジー効果を最大限に活かしたい」と燃えており、「デザイン最優先ではなく、耐震性や省エネルギー性など、親会社の技術力や商品力を積極的に採用しながら基本性能で差別化を図り、社員の対応力も含め安心感の高い住宅を提供したい」と、その方向性に迷いはない。
当面の課題としてZEHの普及に真摯に取り組むとともに、強みとする分譲地開発もニーズの高いエリアを中心に加速させる考えだ。

 

 これまでに県内、主に中讃地区を中心に4000軒を超える実績を持っているが、「むやみに数字だけを追いかけるようなことはしたくない」とキッパリ。
 年間50棟という目標こそ掲げるものの、「基本性能の充実や保証力の強化によるお客様の安心・安全を最優先に取り組みながら、コストを抑えつつ大手住宅メーカーと遜色ない住宅を提供していきたい」と語気を強める。
 本人曰く「せっかちで短気」とするが、旧知の社員は「決断にスピード感があり、部下の意見も汲み上げてくれる頼もしきリーダー」と高く評価。
 「実力は経験の範囲でしか発揮されない。だからいろんな経験を積むことが大切」。自らはもちろん、社員にもより多くの挑戦の舞台を用意し、特に若手とは積極的にコミュニケーションを図ることで、想いを次代に引き継ぐ準備も怠らない。
 大倉工業では建材事業部企画グループ長、さらに系列会社では役員も兼務しており、席の暖まる暇はない。業務に忙殺されるなかで、趣味の海釣りがリフレッシュの貴重な時間。
 「今年は自己記録更新となる70センチの鯛を釣り上げたい」と、釣果においても常に進化を目指す。
 高知大学農学部卒、48歳の年男。


一覧に戻る