ホーム香川の経済界トップ登場【(株)日本航空高松支店】 高松支店長 中野 知明氏

香川の経済界トップ登場

【(株)日本航空高松支店】 高松支店長 中野 知明氏

客室乗客・乗員訓練と営業の両方を熟知。会社再生に向け香川の地で地道に取り組む

 異色の経歴と言えるだろう。航空便の運航に関して、整備以外の部門を一通り経験してきたスペシャリスト。6月末に初めて支店長として着任。会社更生手続中という「普通の会社の状況とは違うことへのお詫びと、これからも地道にがんばっていくので、ぜひJAL便をお試しいただければ」という姿勢で挨拶回りをこなした。

 地域を盛り上げる一員としては力が落ちているのは否めない。支店スタッフに対しても、「今何に向かっているのか」ということを、リーダーとして示すことに注力。
 東京線が中心となる中で、座席供給力、搭乗者数ともにやや競合より負けていると自覚する。更に今後は航空機の小型化を推進していくという社命も係わってくる。「器が小さくなれば搭乗率は上がるが、我々はいかに座席単価を上げていく努力をするか」。一旦失った信頼をいかに取り戻していくかがカギとなる。
 一つのきっかけになるのが今秋の羽田空港の滑走路増設とそれに伴う国際化である。地域の企業の海外出張時に「関空が近くて遠い」を、補完する可能性を視野に入れながら、羽田空港での乗り継ぎの利便性や、お客様へのメリットを分かり易くご説明することが重要と考える。
 1988年に入社。成田空港支店での空港旅客業務を皮切りに、2年後は客室乗務員訓練を経て、国内線・国際線のスーパーバイザーとして実際の機内サービスに当たる。現場の実務をマスターした後、1機分の販売座席の構成決定をする部門、東京支店で国際旅客販売部で実際に商社や外資系会社等への法人セールスを、その後は旅行会社も担当した。
 次に客室管理の部門に配属され、機内サービスサポート部、客室教育訓練室のグループ長として客室乗務員の訓練・フォロー研修を担当。「新入社員研修や国内線から国際線移行の研修、外国人乗務員の訓練などを担当した。日々の乗務では、一人ひとり異なるお客様の期待に応えることが大事。加えて、日本の航空会社として日本人ならではの「おもてなし」を体現できる人材教育を行った」。
 出身は東京で単身赴任で来た高松の印象は、「人も街もいろんな意味で平らだなあ」。現在は湘南に自宅があることから「穏やかな瀬戸の海の景色は大好き」で、街の雰囲気は自分に合っていると感じる。さっそくお盆休みには小学生のご子息が、初めての一人旅で訪れた高松をいろいろ案内してあげた。慶應義塾大学卒45歳。


一覧に戻る