ホーム香川経済&企業ニュース更新情報

香川経済&企業ニュース更新情報

丸亀市が4月9日を「チャコリの日」に制定

 1991年4月9日、スペイン北部のサンセバスティアン市と姉妹都市提携を調印以来、友好関係を築いてきた丸亀市。
 さらなる有効を目的に、4月9日を「チャコリの日」と定め、(一社)日本記念日協会の正式登録を済ませた。
 チャコリは、サンセバスティアン市のあるバスク地方原産のワイン。「エスカンシア」と呼ばれる、高い位置からグラスに注ぐことにより、香りが立ち口当たりが良くなる。
 同日、丸亀市初の地域商社として一昨年に設立されたOIKAZE(丸亀市通町 相原しのぶ代表取締役)に、梶 正治市長ら関係者が集まり式典を開いた。
 4月9日〜15日はチャコリウィークとして地元店舗など約30店舗・団体とイベントを展開。また、4月14日には丸亀城大手門広場で制定記念パーティーを開く。



藤井製麺が、極太半生うどん「令和」を新発売

 「ふじめん」ブランドで高い認知度を誇る、さぬきうどん製造販売の藤井製麺(木田郡三木町 岡田徹也代表取締役)は、このたび新元号を前に極太半生うどん「令和」を新発売。
 新しい時代を太く長く、国家安寧の願いを込めた「令和」。原料製法にこだわり、従来比1.6倍の太さで今までにない食感に仕上げた。
 希望小売価格は一箱(うどん300g×2、麺つゆ15ml×4)税込864円。
 県内のJR売店、高速道路SA・PA、土産物店、デパート、スーパーなどで販売。大型連休を前にタイムリーな企画となった。


クアパーク津田のビアテラスが4月14日営業開始

 穴吹エンタープライズの運営するクアパーク津田(さぬき市津田街松原地内)のビアガーデンが4月14日にオープンする。例年より約2カ月早いビアガーデン営業スタートは恐らく県内トップ。
 焼肉食べ放題、全20種のバイキング料理。スーパードライほかドリンク飲み放題メニューは20種類以上。
 営業18時〜21時。悪天候時には屋内会場で営業する。
 大人(男性)4300円、(女性)3800円ほか。
 期間は9月29日まで。
 15名以上でマイクロバスの無料送迎が利用可。先着順、エリアはさぬき市、東かがわ市、三木町。
 月〜木は15名以上の予約開催。
 利用は2日前までの要予約。
 電話0879-42-2521


カートランド四国が40周年を記念し各種イベント

 四国唯一のレンタルカーとサーキットとして話題のカートランド四国(綾川町山田下643 赤座武典店長)。カートとミニバイクの専用サーキットコース(1周668メートル)で、県外、海外からの来場者も多い。
 今年40周年を迎える同施設では、記念事業を展開しカートスポーツの魅力発信に努めている。
 まずカートレーサーの募集。来場者と、下記の体験試乗、職場体験等参加者の中からMVP(4歳〜18歳)を1名選出し、1年間の無償サポートを実施するものだ。子ども職場体験は4月27日と9月7日に開催。レーサー、フラッガー、レースクイーン、整備士の仕事を実際に体験できる内容。同日は体験走行会もおこなう。
 4月29日はSUPER GT・スーパーフォーミュラの現役ドライバー福住仁嶺選手が同施設に登場。シークショーやレースイベントに参戦する。
 M4レンタルカートの4時間耐久レースは4月28日、9月8日の開催。
 入場無料。
 電話087-878-2952


CSR私募債の引受けにともない高松商業高にシンバルを寄贈

 高松自動車学校を運営する㈱T・D・S(高松市上天神町646 富家輝直社長)は、2月25日高松信用金庫を引受先に「しんきんCSR私募債『輝く未来』」5,000万円を発行。
 『輝く未来』は、地方創生の取組の一環として、子ども達の成長を支援、魅力あるまちづくりに貢献することを目的とした私募債。引受人の信用金庫と財務代理人の信金中央金庫が、発行額の0.2%相当額の物品を購入し、学校等に寄贈するもの。
 同私募債の発行にともない、T・D・Sと相談のうえ、高松商業高(梶 正司校長)へのシンバル1組の寄贈を決め4月3日、富家社長、たかしん三好真樹専務理事らが同校を訪ね目録を贈った。
 吹奏楽部の入砂部長(3年)は「シンバルを大会やイベントなどで大切に使いたい」と謝辞を述べた。