ホーム香川の経済界トップ登場【㈱瀬戸内人】 代表取締役 小西智都子さん

香川の経済界トップ登場

【㈱瀬戸内人】 代表取締役 小西智都子さん

「せとうち暮らし」に込めた島への思い
香川と世界をつなぐ出版社に

 瀬戸芸の効果などもあり、その存在が見直されている瀬戸内海の島々。離島数は727(無人島含む)と言われているが、そこに暮らす人々や、脈々と伝わる文化を取材し、「せとうち暮らし」という媒体を通じて全国に発信するという貴重な役割を担う。
 当初は移住促進のPR誌として香川県から受託し制作していたが、取材活動を通じて島の魅力や、そこに住む人たちとの交流に「これまで経験したことのないワクワク感」を覚え、事業終了後も制作メンバー達と継続して発刊することを決意。出版社を立ち上げ、春、夏、秋の年3回の発行を軸に、瀬戸内海全域に取材エリアを広げながら、独自の存在感を築いてきた。
 「父親が印刷会社を経営していて、郷土出版も手掛けていた」ことから、幼い頃から地元に根ざした書籍とは縁があった。
 「いまはネットで簡単に情報が取れる時代だけど、地元の情報や記録を活字で残していくことも大切」と、100冊近い郷土書籍を残した父のDNAは彼女の中にも宿る。

 取材や制作に携わるメンバーにはフリーランスや移住者、企業に属している人たちも参加。プロとの絶妙な融合が、素朴ながらもハイセンスという魅力となり、読者を非日常の郷愁の世界へと誘う。
 「メンバーはみんな島好きで、島を愛している人たちばかり」といい、島民とのコミュニケーションの中から、島の魅力や生活の知恵、ヒントを抽出。
 「都会の出版社が出す本と違い、私たちは瀬戸内に住んでいるからこそ、読者に伝えられる空気感がある」ことを最大の武器とする。
 「メッセージを送る側と、それを受け取る側があって初めて本は完結する。島に住む人たちの〝生きた〟思いを発信することで、魅力の認知や生活の再生産につなげ、永遠に人が住み続ける島となるきっかけを作ることがミッション」と、媒体としての方向性は創刊から一貫してぶれない。
 「取材に訪れた島は100島を突破した」といい、「全島制覇は当然のこと、〝長く続ける〟ことにこだわりたい。街や島の魅力を発信しながら、次の世代に残すべきものや、私たちが忘れかけているものを再発見できれば」と仲間たちと燃える日々。
 事務所に掲げられた〝香川と世界をつなぐ出版社〟としての挑戦は続く。
 関西学院大卒。


一覧に戻る