ホーム香川の経済界トップ登場【建築工房ライズ㈱】代表取締役社長 江本和彦氏

香川の経済界トップ登場

【建築工房ライズ㈱】代表取締役社長 江本和彦氏

「自分が建てた家が一生残る。だからこそ手を抜かない」
その言葉に迷いはなく、地元工務店として地域活性化を担っていく覚悟が感じられた。
地元ゼネコンで約十五年の現場監督を経験。業務を通じて人間力と技量を研磨できたことは、大きな資産であったと振り返る。
〝お客様に自分自身の想いを込めた家を造りたい〟という想いから、2008年3月起業。信頼できる地域の工務店として、設計から工事まで手掛ける中、昨年開催された住宅展示場「かがわ家博」の副実行委員長も務めた。
また、大手建材メーカーのLIXILより、省エネ部門「エコロジー賞」を受賞する実力派だ。
「香川で家を建てるなら四国産の木を使いたい」
その想いから自身が家を建てるときに、高知県嶺北産の木を見に行くツアーに参加。そこで目の当たりにしたのは、古くは築城にも使用されたという土佐スギ、土佐ヒノキの魅力であった。
「四国にもこんな立派な木がある…」と、驚きと感動に胸を奮わせ、木造在来工法をコンセプトにした展開に踏み切る。

 

 実直な人柄。派手さは求めず、一歩一歩堅実に歩みを進めるタイプという印象が強い。
 同社が推奨する四国産の木を用いる際には、「大切な家にどんな木が使われるのか、まずは産地を知ろう!」
と、顧客と共に現地の森林を見に行くこともしばしば。
 「枠に囚われない自由な発想を提案し、オンリーシップでは得られないセレクトショップの柔軟性を地域の方々に発信できれば」と、熱く闘志を燃やす。
 競争が激化する建築業界であるが、ハウスメーカーにも引けを取らない独創性を備えた地元工務店による快進撃に目が離せない。
 休日には釣り、旅行の他、モータースポーツで汗を流す。氏のガッツの源は、こういったリフレッシュ方法に秘訣があるように感じられた。
 「今後は次世代を担っていく後継者の育成が当面の課題。時代を超え、同社の技術をお客様に提供していくことに使命感を持って取り組んでいきたい」
 と笑みを浮かべながら応えた。
 45歳。高松工業高等専門学校卒。


一覧に戻る