ホーム香川の経済界トップ登場【㈱れおんキャリアーズ】 代表取締役 藤原奈緒美さん

香川の経済界トップ登場

【㈱れおんキャリアーズ】 代表取締役 藤原奈緒美さん

母子家庭で苦学の末、地元の短大を卒業。地元企業にて11年間勤務し、取締役事業部長に就任。
その後、人材ビジネス大手の㈱テンプスタッフ(東京本社)に総合職採用。高松オフィスをはじめ4度の立ち上げ責任者を務める。
当時、管理職登用試験全国1位や営業成績上位賞を獲得するなど多くの実績を積み重ねた。以来、多くのキャリアを積み重ね、2010年に起業。昨年には法人化した。
現在、従来のキャリア教育事業に加え、ワークライフバランス・働き方・事業継承コンサルタント・営業コンサルタント及び企業研修講師・エグゼクティブ(経営者管理職向け)コーチングを主な事業とし、全国展開をしている。
ワークライフバランスコンサルタントでは、㈱ワーク・ライフバランス(小室淑恵社長)の加盟コンサルタントである。加盟コンサルタントとは全国約600名のコンサルタントの中から精鋭の一人として、選ばれるものでホームページにも顔写真が掲載され紹介されている。ちなみに、四国第1号でもあり、香川でただ一人のコンサルタントである。

 

 「日本は、とりわけ地方・香川においては、いかに若手の優秀な人材を確保し定着させていくか、が企業の戦力に大きくかかわります。日経就職ランキングでも『仕事と私生活を両立できること』が数年にわたり就職先の決め手の第1位になっています」
 全国的にも団旗ジュニア世代の女性の出産適齢期が過ぎ、少子高齢化がさらに加速。益々、労働力人口は減少している。だからこそ女性の活躍は重要と氏は語る。
 「香川県は、高齢者の比率が約3割で全国平均を上回っています。つまり、全国よりも早く大介護時代が到来している状態。県内で働く方々が親の介護をしながら仕事を両立する時代が目前に迫っています。香川でも、多様な人材が活躍できる環境作りをしていかなければ手遅れになります。働き方改革にいち早く着手することで、香川に優秀な人材が集まり、定着し、県内で子供を産み育ててくれる人が増えるのです」
 会社員時代には、超長時間労働で、大阪への単身赴任も経験。仕事と家庭生活の両立に悩み苦労しながら管理職歴20年以上。だからこそ、と地元香川への思いを熱く語る。
 ライフとワークのシナジー効果、ライフには自己研鑽やジム通い、旅行など充実の日々を送る。


一覧に戻る