ホーム香川経済&企業ニュース更新情報

香川経済&企業ニュース更新情報

3月9日 野田屋電機グランドオープン!

野田屋電機(高松市古新町 古川健造社長)は、6年間にわたり入店していた丸亀町商店街の再開発ビルから、古新町の自社ビル1階に移転し、3月9日グランドオープン♪。

今回の移転は、商店街のビルから古新町の自社ビルまでと徒歩1分。近くに移転したその理由は…?

古川社長は語る。「近辺に住む年配のお客様から電球の交換はどこに頼めばいいのかといった声が多く寄せられているのに、社員は店内で来店客の対応もあって外にでれなかった…。本当に困っているお客さんをそのままにできない。移転を機に今後は、待って店内対応するだけではなくて、どんどん外にでてお客様の声を聞きお手伝をしていきたい。」

お客様のことを考えて、移転を決意した古川社長。素晴らしいですね〜(*^_^*)

新店舗の広さは64坪。営業時間は10時から19時で年中無休。

従来どおり、店内にはソニー製品を中心にが多くの電化製品が展示されていて、デジカメ等の扱い方を楽しく学ぶソニースクールも引き続き開催♪。



住まいのFP相談室高松店オープン♪

高松市郊外・住宅展示場「シエスタ21」南側に、3月1日付けで住宅ローン相談ショップ「住まいのFP相談室高松店」(高松市伏石町)がオープンしました。本部は富山県高岡市にあり、四国は初の出店です。
同ショップを運営するのは、総合保険代理店の株式会社COCOLO TOKIO(高松市木太町 池田雅晴社長)で、住宅購入に係わるさまざまな相談に応える新業態へのチャレンジ第一号店となります。
相談室は、ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー等の専門家が、住宅購入希望者に対し、「お金を借りる(住宅ローン)」、「お金を増やす(資金運用相談)」、「お金を備える(各種保険相談)」をワンストップで相談できる場になります。
池田社長は、相談室の取り組む姿勢に共感し、高松にもつくりたいと今年1月にFC契約を結びました。
 実体験の疑問から、一生涯かけてお客様をサポートしていく保険と住宅ローンはイコールではないかと考える鋭い視点の池田社長(^^)/ 相談室を住宅展示場の前に構えたのも、「住宅展示場に見に来られるお客様の夢をかなえるお手伝いができると思ったから。
私はこの仕事は地域貢献の一環だと思っています。」と地域への思いも熱い…。しかも、このFP相談室は他にはない「ライフピット」と呼ばれるライフプランニング専用ソフトが標準装備しているのも心強いんです♪

基本相談料金は31,500円。宇多津町の住宅展示場近くにもFP相談室2号店を出展予定。

住宅ローンでお困りのあなた。ぜひ一度「住まいのFP相談室」に足を運び、今まで分かりにくかった住宅ローンの悩みを解決してすっきりさせましょう〜(*^_^*)



ミュージカル「げんない」9月高松公演☆

3月12日(火)に香川県社会福祉総合センターでミュージカル「げんない」香川・高松特別公演設立実行委員会による総会が行われた。

竹崎克彦氏(香川県商工会議所連合会会長)が最初にご挨拶♪

「さぬき生まれの奇才・天才と言われる平賀源内の波瀾万丈の人生がユーモラスに描かれる作品に大いに期待したい。地元香川県民には公演を機会に郷土の偉人の足跡や生き方を大人だけではなく、未来に生きる多くの子ども達に、観ていただきたいとの思いから高松公演を行うことになった。高松特別公演を盛り上げていきたい。」

香川県の将来の子ども達へ向けた「愛情」がつまったお言葉に感動でした(>_<)


ミュージカル「げんない」の気になるあらすじをちょっとだけ紹介♪

江戸時代の中頃、香川県出身の平賀源内は有名な「エレキテル」を発明したが、実際は使い物にならず、見せ物小屋で仲間と一緒にエレキテル・ショーを開催して稼ぐことに。しかし、「解体新書」で有名な蘭学者・杉田玄白は馬鹿げた見せ物をやめるように説得するが、夢を追う源内の耳にはまったくとどかない。そんな見せ物小屋に吉原に売られた娘・お千世が逃げ込んでくる…。

なんだか江戸時代にタイムスリップしたような気分になりますね〜(^_^)

高松公演は平成25年9月10日〜21日で場所はアルファあなぶきホール(香川県民ホール)です。

お楽しみに〜(*^_^*)



四国初上陸のセブン-イレブンに行ってきた

3月1日午前7時…ついに香川県内にもセブン-イレブンがOPEN\(^O^)/

四国地方に初出店。香川県内に8店舗、徳島県内に6店舗の合わせて14店舗が本日同時オープンしました(^^)

セブンなので、開店はやはり7時!屋島西町店で、お祝いのテープカット!

朝の7時前から、報道、関係者ら100名以上がオープニングセレモニーに集まりました!

県民には待ちに待ったセブンのOPEN…
岡山と放送網が同じなため、CMは常に目にしているけど、
「セブン-イレブンってどこにあるの??」そんな声がよく聞かれていましたが…
ようやく香川にも上陸。
昨日はセブン-イレブンの記者会見もありましたが、実はお客様コールセンター(クレーム対応窓口)などへ、月に2〜3回は、「なんで四国に店を出してくれんのや!」というクレーム?!いえ、あたたかいラブコールが寄せられていたのだと、役員の方から裏話をお聞きしました(笑)

以前サンクスアンドアソシエイツ東四国(本日『アイル・パートナーズ』に社名変更)さんが運営するサンクスだった場所。
サンクスとの契約満了を機に、セブン-イレブンと契約し、県内でも数店舗のサンクスが、今後セブン-イレブンとして生まれ変わります。

業界最大手、特に商品力が高いと言われるセブン-イレブン。
さて、気になる香川初のセブン-イレブンをまんまみーや\(^O^)/

今日県内にオープンしたのは、この屋島西町を含め高松市内は丸亀町、木太町、今里1丁目、松縄町、常盤町一丁目と、坂出市西大浜北四丁目、直島町の合計8店。3月中に25店舗まで拡大するそうですよ(*^^)v

また、個々でしか味わえない、ご当地メニュー、四国限定商品のお弁当、おにぎり、麺、菓子パンなども発売されています♪

一度皆様もご自身の目でみて、確かめ、買って味わい、使って納得してみてください(^○^)

最後におまけ、コレ…
香川のご当地nanacoカード。
セブンイレブンのコンビニ制服を着た、「うどん脳」くん。。。
このnanacoかーどは、全国のセブン&アイグループ各店をはじめ、nanacoマークのあるお店で使えるプリペイドカード。



チョコかまどを食べてきた

名物かまど(本社/坂出市)が、バレンタインシーズンの期間限定で販売している「チョコかまど」。
 発売5年目を迎え販売絶好調のようです。今年も増産体制でニーズに対応しているようです。
 皮色が小麦色の普通の「かまど」が、チョコとココアで黒っぽくなっているだけ?と思われがちですが、原材料の違いから非常に生産に手間が掛かっているチョコかまどです。

ご当地バレンタインデーギフトの代表格とも言えます。
 ぜひどうぞ
 3個入り350円、6個入り700円。
 販売は2月14日頃まで。