ホーム香川経済&企業ニュース更新情報

香川経済&企業ニュース更新情報

ことでんでGO! お花見列車でお茶会開催!

まさにお花見日和の週末、楽しいイベント取材に行って参りました。
なんと…ことでんのレトロ車両を貸し切って、高松築港〜琴電琴平間を走らせ、その車両のなかで、お茶会をしようというイベント、名付けて茶会“茶楽花見茶両”

企画、主催をおこなったのは、お茶を学びながらその面白さを多くの人と共有したいと活動を続けてきた男子だけの
グループ「茶楽」のメンバーの皆様。

おそらく、全国的にみても、走る電車の中でお茶会をしようというのは極めて珍しい?!(多分初めて!?)試みに
期待が高まる中、中には、お茶会らしく着物姿も多く見られた約80人の参加者と20名のスタッフの総勢100名が2両に分かれて、片道約1時間半弱、往復で3時間弱のお茶会列車を、車窓から眺める沿線の桜とともに楽しみました。
やってきました、ことでんのレトロ列車

十代以上の人には懐かしい、あの大正レトロな列車がホームに入ってくると、懐かしさに大興奮!!
これだけでも鉄道マニアにはたまらないでしょうね(笑)
ちなみに今回のイベントはことでん(高松琴平電気鉄道)の100周年のお祝いで企画されたそうです。

イベントはここからが本番。みんなで電車に乗り込んで、いよいよお茶会の始まりです♪
一両目には、列車とは思えぬ見事なお茶手前(お茶を点てる人)が
先頭方向からは、これまた珍しい移動式のお手前!!

グループの代表のお席主(もてなす側のご主人のこと)から、「…電車ですので、途中揺れることも…」との注意喚起が入る前に
すでに、前方からゴロッという音が…
こうした初のチャレンジ企画にハプニングはつきもの。
でも、皆さん、慌てるどころかハプニングや、勝手違いの不自由ささえ楽しみながら、おもてなし。
参加者の皆様も、もちろんお茶の心得のある方から、手ほどきを受けたことはないという方まで、みんな和気藹々と楽しそうにお薄を頂いておられました

今回、お薄の御菓子に出されたのは、香川を代表する「かまど」さんのこのイベントのためだけに作られた「ことでん」をかたどったかわいらしい生菓子
苦労の甲斐あっての力作!これには美味しい生菓子を食べ慣れたお茶席常連の女性陣も大満足のご様子

店頭で買えないのが残念ではありますが、さすがは「かまど」さん!!

コトコト揺れる列車の中で、参加者も協力しながら(移動式のお手前は、お茶を出したら順番にお席の間を一つずつ
ずらしていくためお手前が自分の前にきたら、参加者の皆さんちょっと足を前に出し、このお手前の台が倒れたり
いないように台の足を少し踏んで支えていらっしゃったのです…)あっという間に琴平駅へ。

途中、岡本駅〜挿頭丘、羽間〜榎内〜琴平などでは、車窓から沿線の桜も見られて見事なお花見列車が楽しめ、
改めてのどかな田舎の原風景と、桜を楽しめることでんにコトコトゆられる列車旅の魅力も見直しました

春らしい、素敵なイベント。また企画して欲しい!という声も沢山聞かれました♪
茶楽の皆様、本当にお疲れ様でした



丸亀町のアーケード完成!日差しの明るい参番街

丸亀町商店街を覆っていたアーケード天井の暗闇がとれ、こんなに明るくなりました!

今日は、コートを脱いで華やかな春物をまとった女性達の行く先を追って、参番街東館2階にある、雑貨とカフェ、
「まちのシューレ963」にお邪魔して、こんな素敵なメニューを見つけました☆

シューレ名物「さぬきけんちんカレー」!(サラダ付き980円)
名前に“けんちん”とつくだけあって、大きめにカットされた地元産の野菜がゴロゴロと入った具沢山のカレーです。

特筆すべきは、このカレー、なんと「いりこだし」を使ってるんです!!
地元伊吹産のいりこを贅沢に使ってなんともいえない独特の風味はクセになる美味しさで、すっかりハマってしまったというお客様も多いとか。

いりこならではの豊かな香りと甘みを生かし、スパイスのブレンドも試行錯誤して考案されたカレーは、数日しっかり寝かされて、その旨みを引き出してから出されます。
だから、和風でヘルシーなのにも関わらず、しっかりとした独特のコクがあり、素材の甘みをひきたてる適度な辛みは、老若男女問わず楽しめます。

野菜は一部季節によって変わるそうですが、季節感も味わいながら、たっぷり野菜を頂けるのも嬉しいですネ♪

とっても珍しく、美味しいいりこだしの「さぬきけんちゃんカレー」是非召し上がってみてください!



HOTELs Cafe + Sweets アルゴへ行ってきた

高松市古新町のリーガホテルゼスト高松1階のカフェが本日リニューアル。
HOTELs Cafe + Sweets ARGOとして再スタートしました。

ホワイトとブラウンを基調に、女性を意識し洗練された内装へチェンジ。
カフェメニューでは、リーガオリジナルブレンドコーヒー450円、老舗ホテルのミックスジュース600円などドリンクと、スイーツを充実させた。

トーストセットやスープセットなど軽食も提供する。
シティビューを満喫できるカウンター、テーブルあわせて54席。
カフェタイムは15時から21時。
ちなみに7時〜10時は朝食バイキング、11時30分〜14時はランチバイキングとなります。



スペインバルに行ってきた

大阪や東京で話題を集めているスペインバルが高松に初進出です。
ちなみにバルとは「Bar」のスペイン読み。要するにスペインの居酒屋です。
高松市丸亀町9-7に、明日23日オープンするのはバルマル・エスパーニャ高松店
オープン前のレセプションで、一足早く体験してきました。

スペインの市場をイメージさせる情熱的な「赤」を基調とした明るく賑やかな空間では、スペインの小皿料理「タパ」(280円〜)や美味い魚介、新鮮野菜を使ったリーズナブルな料理の数々が提供されます。
スペイン素焼き陶器料理や、鉄板焼き、サラダなどフードメニューは60種類超。
スペインを代表する料理のパエリア(1800円〜)は生米から炊きあげていく本格派。

一通り揃えるドリンク類の中で、特にお薦めは蔵元買付のワイン。グラスワインは380円から。
量り売りワインは100ccが200円。
20種類用意した750mlのフルボトルは赤、白とも2500円。ボトルの飲み残しワインは持ち帰り可能です。

高松店の経営は納屋之炭、サンポートとレインボーロードで茜どきを運営するナヤズダイニング(高松市 熊野英孝社長)さん。
テーブル、カウンターで30席ほどのこぢんまりした店内ですが、とにかく熱い。

大ヒットの予感です。
電話087-811-2578



変化する100円ショップ

 商売が繁盛すると大化けするという言葉を使うが、100円ショップほど大化けした企業は他にはない。
 業界最大手ダイソーでは全国津々浦々に、海外でも560店もの店がある。異常に思えるほどの繁殖力を示している。
 ところが近年売上が落ちて来たらしい。これはダイソーの矢野社長も認めているところだが、100円以上の値打ちがある商品を格安の100円で売るところにヒットの要因がある。 
 売れない原因はゴチャゴチャ並べてあり分かりづらい、という点にあった。そこで商品の陳列をキチンと整理して100円ショップのコンビニ化を図った。これが何店かで成功して売上アップが可能になった。
 また、100円でも買いたい、欲しい商品がなければいくら安くても買ってくれない。
 価値ある掘り出し物を並べる努力も必要だ。安い商品というだけでは売れなくなってきた。そのぐらいユーザーの眼はきびしいのだ。