ホーム香川経済&企業ニュース更新情報

香川経済&企業ニュース更新情報

JAL「JAPAN PROJECT」3月香川版が始動☆

今日から3月…

先日ご紹介した、JAL「JAPAN PROJECT」3月香川版が始動しました(^^)

香川県特集されているJALの機内誌「SKYWARD3月号」。(左)と、JALカード会員誌「AGORA」の3月号(右)。
「SKYWARD3月号」で紹介された香川は、こんな感じです…
讃岐の手しごとをクローズアップ。

まずは表紙にもなった「かがりてまり」
続いて、JRさんの雑誌でも紹介され、最近多くの方が和三盆作りを体験にこられている、(有)市原さんの
菓子木型と、木型を使った和三盆作りの体験ができる『豆花』さん。

丸亀のうちわづくりも忘れてはいけません。
節電意識の高まった昨年夏、エコgoodsとしても、注目が集まりましたよね。


そして、香川の伝統工芸と言ったら、これも欠かせません。
恐らく皆様の家庭にも何かはあるはず…
美しいだけでなく、実用的な芸術品『後藤塗』。

そして、関心が高い『グルメ』の手しごとからは、スイーツのラ・ファミーユさん。今回は、香川が誇る
ご自慢品、イチゴのさぬきひめの写真を出して、品質のよい果物を活かしたスイーツ作りに焦点を当てています。


さらに、国内線ファーストクラスの機内食メニューの監修をした、香川を代表する老舗料亭「二蝶」と、香川の食材をふんだんに取り入れた、今回の機内食メニューをご紹介。

観光も紹介されています
ミシュラン三つ星を獲得したわれらが誇る讃岐の名園「栗林公園」

そして、今年の大河ドラマ「平清盛」ゆかりの瀬戸内…

魅力満載の香川がいっぱいつまった機内誌で、
情報発信してくれています。
ちなみに…国内線機内ビデオ「JALスカイスクエア」にて
放映になっている「うどん県オリジナルPRビデオ」は、一部こちらから
見ることもできます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.jal.co.jp/japan/chiiki/kagawa/

皆さんのお気に入りの香川はなんでしょうか??
もし、JALを利用されるときは、是非手にとって、あらためて香川の魅力を再認識して頂ければと思います。

県外の方に限らず、県民の私達も素敵な香川の魅力再発見したいですねσ(^^)



「丸亀町グリーン」期待の出店テナントたち

「丸亀町グリーン」
テナント情報第二弾として、4月19日にオープンを予定する高松丸亀町商店街G街区再開発ビル商業部分の
愛称である「丸亀町グリーン」において先日、発表された第一弾のテナント概要以外に判明しているテナント名を列記した。

 なお出店するフロア階数は不明。()内は本社所在地。
▼ CHARLEYビューティライフストア(徳島市)〜ドラッグストア
▼ ALEX COMFORTライフスタイルラボラトリー(徳島市)〜インテリア・雑貨
▼ GRANDBANKS(徳島市)〜アウトドア用品
▼ ⅰt,s花由/プティボヌール(徳島市)〜フラワーギフト
▼ オニツカタイガー高松(兵庫県)〜スポーツ用品
▼ セリア(岐阜県)〜百円ショップ
▼ sevens(東京都)〜古着ファッション
▼ Anemone〜バッグアクセサリー
▼ ザノースフェイス(高松市)〜アウトドア用品
▼ フロレスタ(高松市)〜ドーナツ 続きを読む


肉うどんを食べてきた

こんぴらや販売(まんのう町東高篠1140 辻田順一社長)が同所でオープンさせた
セルフうどん店「ことひら製麺 逆打ち零番」。昨年12月16日のオープン以来、ジワリジワリ人気が高まってます。

うどんのネット通販、業務用、OEMを展開する同社。実店舗オープンのひと月前、四国八十八箇所・お遍路さんをキーワードにうどんをブランド化するという壮大な計画から、土産用の新商品「超時空讃岐饂飩 逆打ち」(半生タイプ)を新発売。「超時空讃岐饂飩 逆打ち」は、コミックアートとコラボし、商品にストーリー性を持たせたユニークな商品として注目を集めている。
そのリアル店舗として登場したのが「ことひら製麺 逆打ち零番」

人気メニューは写真の肉うどん(小380円)、かけうどん(小200円)、カレーうどん(小380円)ほか。
席数は60。壁面や天井に昭和初期頃のアンティーク掛け時計を20個も配置し、BGMには落語や漫才が流れる、ちょっと他にはない独自の世界観を体感できる、エンターテイメント性の高いセルフうどん店です。
ごちそうさま

営業時間10時〜15時、年中無休



カフェのランチを食べてきた

Cafe′アンジュ(高松市春日町1623-3 安武節子オーナー)が一昨年オープンした太田店に、こだわりの日替わりランチが新登場しています。
太田店は高松市太田上町1010-6。宮脇書店太田店のすぐ西です。

日替わり手作りランチは、月〜金の平日のみ。週4日はメインに肉、1日は魚。メイン料理にごはんと汁物、和食系の小鉢を3皿加え、さらにサラダ・ドリンク付きで800円です。
近隣の農家から直接仕入れる新鮮野菜を中心に、美味しく安全安心のランチです。
見た目は凄いボリューム。でも野菜がふんだんに使われているので胃に優しい満腹感を得られるはず。

ランチはカレーライス、ナポリタンも800円で用意してます。
営業時間8時〜19時で年中無休。全42席。

アンジュさんと言えば太田店、春日店とも目玉はモーニングサービス。
なんと8時の開店から15時まで提供しているんです。
朝食として楽しむのはもちろんのこと、十分なボリュームのモーニングサービスは、昼食としても満足できますね。

モーニングセットメニューはトースト、ホットケーキ、ホットドッグなど全8種でドリンクプラス100〜210円。
ドリンクメニューは、こだわりの豆を丁寧に煎ったオリジナルブレンドコーヒー(420円)、ハウスティー(420円)など30種あまり揃える。ハウスブレンドのホットコーヒーは一人前ずつ、量が多いポットサービスというのがうれしい




JAL×うどん県が日本の空を飛び廻る

香川県とJALがタッグを組んで、香川観光を発信する。
JALは昨年5月より、日本各地の地域(自治体等)とタイアップして日本の素晴らしさを発信していく地域活性化プロジェクト「JAPAN PROJECT」を展開中。そしてこの3月に「香川県」が登場する。
JALの機内誌「SKYWARD」3月号での香川県特集、マイレージ会員誌「AGORA」での香川特集、国内線ファーストクラスでの香川の機内食の提供、国内線機内ビデオ「JALスカイスクエア」にて、うどん県オリジナルPRビデオの放映となっている。
「平家浪漫を訪ねて香川へ」と題して大きくページを割いている。
 
機内食は香川を代表する老舗の料亭である「二蝶」の山本亘総料理長が担当(監修)する。春の香川を感じる食材をふんだんに使った地元香川ではおなじみの料理ばかり。

ちなみにメニューは、
△3月上旬はミルク豆腐、葉牛蒡のきんぴら、讃岐牛アスパラ巻き胡麻ダレ焼き、蒟蒻土佐煮、竹の子、蕗、プチトマト、俵ご飯(ふっくりんこ/日本国産米)、味噌汁。
△3月中旬はうるい、こごみ、独活(うど)、梅おろし和え、土筆、分葱、飯蛸、ぬた和え、鰆蕗味噌焼き、厚焼き玉子、竹の子木の芽味噌、菜の花辛子和え、一寸豆、茗荷酢漬け、俵ご飯(ふっくりんこ/日本国産米)、味噌汁。
 △3月下旬にはうすい豆腐、まん葉のけんちゃん、出汁巻き玉子、海老、飯蛸。鯛の子、スナックえんどう、俵ご飯(ふっくりんこ/日本国産米)、味噌汁。
 
こちらは羽田=伊丹、羽田=福岡、羽田=千歳の基幹三路線を飛ぶファーストクラスで提供される。17時以降の夕方発の便となる。