ホーム香川経済&企業ニュース更新情報

香川経済&企業ニュース更新情報

グランドオープンを待つ四国水族館

 新型コロナウイルスの影響で、3月20日に予定していたグランドオープンを延期している四国水族館(宇多津町浜一番丁4 松沢慶将館長/写真)。
 施設工事、展示生物の搬入を終え、オープンを待つだけとなっている。18日、メディア内覧会があり松沢館長は「水族館というのは多くの生き物を見たくて、また水の中にいるような時間、非日常的を求めて来館する。それだけでなく、生物以外に干潮やそこにある歴史、文化、そういったものにも好奇心のスイッチが入っていくような、そんな仕掛けを考えている。
 四国には多くの雨が降る太平洋側、水に決して恵まれていなかった瀬戸内、非常に多様な水の景色、環境というのがある。こういうところを余すところなく伝え、四国の方には再発見、再認識して頂き、四国全域に興味が広がることをテーマにしている。
 水族館の帰りには別の場所にも行ってみたい、こんな歴史を勉強してみたいなと思うような施設にしたい」と話した。
 四国水景をテーマとした水族館。約400種、14,000点の生物を展示。水景数は70となる。
 3月末にはオープン日を発表する予定。




「マスクで街に笑顔を!」

 コロナウイルスで沈んだ気持ちを、少しでも明るくできたら。そんな思いを込めて、瀬戸内サニー(株)(高松市 大崎龍史社長)は、あなぶきグループ(穴吹興産(株)穴吹忠嗣社長)と共同で、両社のキャラクターをモチーフにした「キャラクターマスク」を2種類制作し無料配布する「ウィルス対策支援プロジェクト」を実施した。
 3月13日、大崎社長らは障害者支援会社の「あなぶきパートナー」やトキワ街、瓦町駅周辺でマスクを配布。放課後児童クラブ「うらしまキッズ詫間」では、マスクを受け取った子供たちはお互いの顔を見合って大はしゃぎ。大崎社長も「日本全体が前向きな雰囲気に包まれることを願っています」と話し、開場は笑顔に包まれた。



NTT西日本が香川県版の点字電話帳を3年ぶりに発行

 NTT西日本 香川支店(北口哲也支店長)は(公財)香川県視覚障害者福祉協会(浅見裕一郎会長)へ、完成したばかりの最新の「点字電話帳 香川県版」を贈った。
 同福祉協会の協力により、3年に一度発行している香川版の点字電話帳。1978年の初版から数えて17回目の発行となった。
 3月11日、北口支店長、大庭幸市総務部長、制作を担当したNTTタウンページ四国営業支店の吉本剛一支店長が県視覚障害者福祉協会を訪ね浅見会長、岡 悦子理事に手渡した。
 B5版、128頁建で200部作成。県内の視覚障がい者の連絡先、公共機関や病院、交通機関など約530件の電話番号のほか、電報文例、災害用伝言ダイヤルの利用法などを収録している。
 写真左よりNTT北口支店長、福祉協会浅見会長、タウンページ吉本支店長


優良取組事業所/県内企業8社が表彰

 香川県、協会けんぽ香川支部の協働事業「事業所まるごと健康宣言」。
 同事業は、健康経営の考えのもと、かがわ働き盛りの健康づくりメニューを事業所全体で実践し、定期検診やがん検診ほか受診を勧奨、生活習慣の改善を促し、働き盛り世代の健康づくりを支援する取り組みで平成28年度より開始。
 このたび令和元年9月末までに健康宣言して265事業所から、特に積極的な取り組みがみられた事業所に向けた表彰式が3月9日、県庁にて行われた。
 知事賞に四国興業㈱(高松市)、小豆島ヘルシーランド㈱(土庄町)、宝田電産㈱(三豊市)、㈱伏見製薬所(丸亀市)。
 全国健康保険協会香川支部長賞には、四国工商㈱(仲多度郡)、ずゞや㈱(高松市)、高松帝酸㈱(高松市)、㈱FUJIDAN(東かがわ市)を選出した。


四国水族館が、伝説の水景「龍宮の景」を公開

 今月20日に開業予定の「四国水族館」(松沢慶将館長)は、「四国の水景」を展示テーマに、瀬戸内海、太平洋、清流など水景にこだわった展示により、四国の自然の魅力を発信する四国最大級の水族館。
 本日、館内の一部が報道陣に公開された。
 2階特別展示室にて、70番目の水景展示となる「龍宮の景」は、実在する水景展示をする同館で、唯一伝説をテーマにした展示コーナー。
 海を司るとされる龍宮と四国のつながりを、史実や言い伝えを紐解き、独自の視点から表現する。仏師 松久佳遊さん、書家 柏木白光さん、光の切り絵作家 酒井敦美さんの作品をゾーン毎に展示。浦島太郎が経験したであろう物語の世界を、4つのゾーンで再現した幻想的な空間が広がる。四国八十八ヶ所霊場会の企画協力。
 綾歌郡宇多津町浜一番丁4。