ホーム刊行履歴

刊行履歴

3月5日号

 香川県とJALがタッグを組んで、香川観光を発信する。
 JALは昨年5月より、日本各地の地域(自治体等)とタイアップして日本の素晴らしさを発信する地域活性化プロジェクト「JAPAN PROJECT」を展開。3月に「香川県」が登場した。JALの機内誌「SKYWARD」3月号での香川県特集、マイレージ会員誌「AGORA」3月号での香川特集、国内線ファーストクラスでの香川の機内食の提供、国内線機内ビデオ「JALスカイスクエア」にて、うどん県オリジナルPRビデオの放映となっている。
 実際の機内誌を見ると表紙は讃岐手まり、誌面内でも伝統工芸品や「平家浪漫を訪ねて香川へ」と題した特集ページを大きく割いている。


2月25日号

 昨年1月に起工式を実施、突貫工事の甲斐があり高松丸亀町商店街G街区再開発ビルは、3月30日に竣工式、そして4月19日のグランドオープンを迎えることとなった。
 その気になるテナント名の一部。
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
▽「ユナイテッドアローズグリーンレーベルリラクシング」~ファッション、雑貨【四国初出店】㈱ユナイテッドアローズ*岡山・広島に有
▽「アーバンリサーチドアーズ」~ファッション、雑貨【中四国初出店】㈱アーバンリサーチ
▽「チャオパニック」~ファッション、雑貨【四国初出店】㈱パル
▽「ラディカ・ドゥスハルモニ」~ファッション、雑貨【新業態】㈱エヌディーシージャパン
▽「ユザワヤ」~手芸・クラフト【中四国初出店】ユザワヤ商事㈱*昨年全国で店舗数を急拡大


2月15日号

 ニューレオマワールド(丸亀市)は、24・25年度で総額十二億円を投じる中期計画を発表した。
 「KIZUNAルネッサンス」と名付けられた中期計画では、二つのアトラクションと中四国最大の屋外プールを整備。主来場者である三世代ならびにファミリーにとって、更に魅力的なレジャー施設へと発展させるのが狙いだ。
 2月2日にホテルレオマの森で開かれた記者会見には、同園の資産管理会社㈱香川県観光開発の藤岡 勇社長、テーマパーク支配人の日闍昌宏氏、ホテル支配人の咲間三郎氏が出席して計画の概要を発表した。施設概要とオープン時期、投資額は次のとおり。


2月5日号

 「新鮮市場きむら」を運営する㈱きむら(高松市 木村宏雄社長)は1月19日、取引業者会「きむら会」の会員を集めた新年会を開催した。
 会場となった高松国際ホテルには、取引業者約300名が出席。成長著しい同社と手を携えて、飛躍していくことを誓った。
 同社はこの10年で、香川県内に八拠点の店舗網を築くまでに業容を拡大。昨年12月には、県外初出店となる岡山・四十瀬球場前店(倉敷市)をオープンさせた。
 成長に伴い、取引業者も急増。昨年10月に会員二百社超が参加して、きむら会を発足させた。きむら会の新年会は今回が初となる。
 開会の辞は、谷本憲秀きむら会理事長(㈱タニモト社長)が担当。次いで竹内信夫同会長(旭食品㈱副社長)が会員を代表して、次のように祝辞を述べた。


1月15日号

 県下自動車業界の一大イベント「香川輸入車ショウ&商談会 認定中古車フェア」が、サンメッセ香川大展示場(高松市林町2217-1)で1月21日(土)・22日(日)開催される。
 開場時間は両日とも10~17時、入場は無料。主催は同ショウ実行委員会(吉井敬吾委員長)。
 ショウの開催は2010年以来2年ぶり。15回目を迎える今回は、県内外の正規輸入車ディーラー22店が参加し、最新モデル約百台を披露する。欧米の24ブランドから高級サルーンやスーパースポーツカー、小型車などを展示する。
 いずれも必見のモデルばかりだが、中四国の輸入車ショウでは初展示となるフェラーリ458スパイダーおよびFF、国内発売前のアルファロメオジュリエッタ、アウディA6アバント、メルセデス・ベンツ新型Bクラス、スマートedなどが注目株。